So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

もっともわかりやすい西洋哲学史 ⑩. 大陸合理論 (ライプニッツ) [哲学・思想]

  大陸合理論のつづきです。

 誤解を恐れずにいえば、さまざまな哲学の中には 「こ
れは カルト小説 と言ったほうがいいのではないか?」 と
思ってしまうようなモノもあります。

  僕の感覚からすると、今回ご紹介するライプニッツの
哲学とヘーゲル大先生の哲学がそれにあたります。

  さらに、ライプニッツのモナド論については、なんとなく
薬物のニオイを感じたりもします。 あまりにも発想が豊
かすぎるというか。

  もちろん、このような感想は僕の解釈が未熟であるこ
とが原因かもしれません。

  しかし、ムズカシイことは抜きにすると、今回ご紹介す
るモナド論はやっぱり奇妙キテレツな感じがします。


  それからもう1つ、ここにきて、この哲学紹介記事に対
して軽い気持ちで恐れ多いタイトルをつけてしまったこと
を若干後悔しております。

  タイトル通りの内容になっていない部分もあるかと思い
ますが、どうかお許しください。  [わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]


  それでは、今回も始めさせていただきます。

  ルネサンスの頃、貴族や王族が芸術家や学者を宮
廷に招き、パトロンとしてその活動をバックアップすると
いう慣習が生まれました。

  それは貴族のステイタスであり社会貢献でもあった
のですが、今回ご紹介するライプニッツも活躍の場を
宮廷に求めた学者です。

  また、ルネサンス期には、現在へとつながるさまざま
な身分的なくくりが生まれています。

  職人層から芸術家と呼ばれる人が生まれ、錬金術
師は科学者となり、作家と呼ばれる人が誕生する など。
たとえば、レオナルド・ダ・ヴィンチも若い頃は職人工房
で職人として働いています。

  あのマキャべりがフィレンツェ・メディチ家で活躍した
のもルネサンス期。

  さらに、学問が各分野 (法学、神学、数学) に分か
れはじめるのもこの頃です。


 【 ライプニッツ 】

  ライプニッツ(1646~1716)は、ドイツ・バロック期の
万能人で、哲学をはじめ諸分野に通じ、学問と実践の
両方において活躍した人です。

  幼少の頃から書物に親しみ、大学では哲学・神学・
法学、数学を学びました。


 43ab85c928_Gottfried_Wilhelm_von_Leibniz_domaine_public__wikipedia.jpg


  卒業後、大学での教授を依頼されましたが、それを
断って活動の拠点を宮廷(ハノーファー家)に求めます。

  そこで彼は、図書館長を任されるかたわら宮廷顧
問や外交官として活躍、ヨーロッパ各地を訪れ見聞や
人脈を広げました。

  その後 1700年には、自らが尽力し設立したベルリ
ン科学協会の初代会長に就任。

  そのほか実践面においては、エジプト計画、新旧教
会合同、各地のアカデミー設立、鉱山開発、計算機の
考案、図書館運営 など多岐にわたります。

  学問においては哲学、記号論理学、微積分をはじと
した数学全般、力学、地質学、言語学、各国史、中国
思想、社会政体論、政治学 などを修め、各分野につい
ての論文が残っており、すべて合わせると膨大な量に
なるということ。

  これらの学問はそれぞれバラバラではなく、すべて
が統一された全体像を持つものとして構想されていた
ようです。

  「微積分法」 については、ニュートンとほぼ同時に理
論を発表したことで、学界では、どちらに考案者として
の功績を認めるべきかについて大論争が起こりました。


  4774153877.jpg


  とくに、ニュートンがイギリス、ライプニッツがドイツ
ということで、イギリスの数学界と大陸側の数学界の
対立が数年にわたって続いたと言われています。

  現在では、両者とも独自に微積分法を確立したとい
うことになっているそうです。 ちなみに微積分という名
前はライプニッツによるものです。
 

 《 モナドとは 》

  前回お話したように、スピノザは、精神も自然も含め
すべての存在を 「神」 という唯一絶対的な実体によっ
て包括することでデカルト二元論の矛盾を解決しようと
しました。

  それに対してライプニッツは、この世界は、彼が 「モ
ナド」 と名づけた無数の実体によって成り立っている、
とすることでデカルトを乗り越えようとします。

  ライプニッツにおいても、実体の定義についてはスピ
ノザとほぼ同じで、一言でいえば 「それ自身のみで存
在しうるもの」 ということになります。

  モナドについて、ライプニッツ本人は次のように説明
します。

  『 モナドの内部が、何かほかの被造物のために変質
や変化を受けるということはありえない。 どう説明しよう
と思ってもできない。

 
  なぜかというと、モナドの中ではどんなものも場所を
移動させることはできないし、かといって、そこで何かの
内的な運動をおこしたり、それを導いたり、その勢いに
手加減を加えたりすることなど考えられないからである。

  そのようなことが可能なのは部分部分のあいだで変
化のある複合体の場合に限られている。 モナドニは、
そこを通って何かが出入りできるような窓はない 』


415RtpRkxOL__SL500_AA300_.jpg


 ・・・・・・ なんのことやらさっぱりわからないと思うの
で、説明します。

  モナドはこの世界における真のアトム(=不可分な
モノ)であり、宇宙における真の存在者である。

  しかし、空間的な広がりを持たない点で物的・延長
的な原子とは区別される。

  それは神による創造によって生まれたもので、神に
よらなければ終わりもなく、不滅である。

  モナドは部分を持たず不可分である。 ほかのモノ
とは相互作用をせず、ほかの何かが出入りできるよ
うな窓はない。

  外部からの原因によっては一切影響を受けず、そ
の作用は自身の内的原理のみにもとづく。

  各モナドはそれぞれに異なり、あるモナドは他のす
べてのモナドと区別される。

  モナドはそれ自身、表象と欲求をもつ精神的な存在
であり、意識的・無意識的な表象作用によって世界の
すべてを自身の内部で映し出している。

  モナドは世界の鏡であり、可能性をも含めて宇宙の
すべてのモノゴトをその内部で認識し表現している。

  創造の際に神があらかじめ定めた予定調和にした
がって、自らの意思で他のモナドと組み合わさり自己
の表象を展開し、変化していく。


 ・・・・・・ これでもわかりにくいと思いますが、中でも
特にわかりにくいのは次の点です。

  すべてのモナドが宇宙のすべてを表象しているとい
いながら、個々のモナドは他のすべてのモナドと異な
っている、とされる点。

  神に与えられた予定調和にしたがって他のモナドと
組み合わさることで自身の表象を展開する(物になっ
たり生き物になったりする)とされながら、自身の意思
によって働き、変化するとされている点。

  自身の内的原理にしたがうことと神の予定調和にし
たがうことの関係

  これらのわかりにくい点は、どうもライプニッツの原
典そのものに原因があるようなので、これ以上悩むの
はやめにしましょう。


  モナドは、アリストテレスの存在論のように階層的
な側面ももっています。

  それぞれのモナドは、濁った表象しか持たないもの
からハッキリとした表象を持つものまでさまざまな段階
があるとされます。

  物体のモナドの表象はあまりハッキリせず、動物の
魂のモナド、人間の魂のモナドというふうに存在の階
梯をのぼるにしたがって鮮明な表象を持つようになっ
ていく。

  このように、ただの物体にすぎないものであっても、
精神的な存在であるモナドにより構成されているとさ
れます。

  個々の物体は滅びますが、それを形作っているモ
ナドは不滅である。

  それを指してライプニッツは 「物体はつねに流れて
いる」 と表現しますが、これは古代イオニアのパルメニ
デスが 「万物は流転する」 と表現したのとそっくりです。


Parmenides.jpg



 《 ライプニッツの存在論 (モナドロジー) 》

  ライプニッツの晩年の著作 『モナドロジー』 におい
て、この宇宙の存在のあり方、そして 神と世界と人間
の関係が説明されています。

  その中には 「矛盾律」 「充足理由律」 「不可識別者
同一の原理」 といった、名前だけでひるんでしまいそう
な原理がイロイロとでてきます。

  これらの原理は、この宇宙に存在するものが持つ
特徴をあらわしたものです。

  また前提として、ライプニッツにとって 「個体」 という
のは、それが誕生して以来経験してきたモノゴトすべて
がそのウチに含まれるもの、を意味しています。

  その上で、

  「矛盾律」 というのはアリストテレス論理学の基本で、
あるものが、そうであって、かつ、そうでないことはない、
つまり、あるものがリンゴであって同時にリンゴでないこ
とはない、という当たり前のことです。

  「充足理由律」 存在するものはすべて、なんらかの
存在する理由をもっている、ということ。

  「不可識別者同一の原理」 というのは、「自然のうち
には、数においてのみ異なる2つの個体は存在しない」
また、「識別できない2つの個体はない」 ということ。

  つまり、砂の1粒であっても 「個」 としての意味をも
ち、ほかの1粒とは区別されるということ。 

  すべてのものが、神によって創造され不滅であり、
精神的存在でもあるというモナドが組み合わさること
で成り立っているワケですから、これらの原理は当然
そこから導かれる結果だと思われます。


51KWT7NY81L__SL500_AA300_.jpg


  この宇宙に存在するのモノは以上のようなあり方で
存在し、この宇宙の歴史は、神が、ありとあらゆる可能
性の中から最善のものを選んで進んでいるのだ(=最
善観)。

  というのがライプニッツの世界観である、ということ
です。


  ・・・・・・ 以上、ライプニッツでした。



(※) 上の方でダヴィンチの名前がでたので、オマケ
として 「モナリザ」 のはなしをします。

  一説によると、「モナリザ」 こそが史上最高の絵画で
ある、少なくても人物画としては史上 no. 1 であると評
価されているそうです。


  20090325050613.jpg


  モナリザ論として、次のようなものがあります。

  モナリザがなぜスゴイのかというと、モナリザという絵
は、誰か特定の個人ではなく、「人間そのもの」 が描か
れているからである。

  世の中には、写真のように写実的でモデルになった
本人そっくりの絵画はたくさんあります。 それらの絵は、
当然モデルとなった個人を描いている。

  たとえば、光と影の画家レンブラントにも人物画があ
ります。 とても上手なのですが、やっぱり、いかにも絵に
描かれた人物、個人としての人物を写しているという感じ
がしてしまう。

  しかし、モナリザだけは違う。 モナリザのあの女性は
どこか 「個人を超えている」 ところがある。

モナリザは女性として描かれていますが、あの顔にヒ
ゲをつけて髪形を男のものにすると、まるっきり男性に
しか見えなくなります。


   20070325.jpg


  つまり、男女を超えているということ。

  また、モナリザの背景の景色は、女性をはさんで左右
の景色が連続していません。 つまり、左側の景色と右側
の景色はちがう場所なのです。

  これについても、ダヴィンチはどこか特定の場所の景
色ではなく、 「景色そのもの」 を描こうとしたからであると
言われています。

  このように、モナリザという絵画は唯一 「個を超えた
普遍」 を描いているところがスゴイのだ。


  この、「人間そのもの」 「景色そのもの」 という考え方は
もうすぐご紹介するカントの哲学と大きく関わっています。

 
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

もっともわかりやすい西洋哲学史 ⑨. 大陸合理論 (スピノザ) [哲学・思想]

  つづきです。

  デカルトのあと、道は 「大陸合理論 ( デカルト ⇒ スピノザ
⇒ ライプニッツ ⇒ )」 と 「イギリス経験論 ( ロック ⇒ バークリ ⇒
ヒューム ⇒ )」 の2つに分かれ、それをカントが統一します。

  カントのあとは ( ⇒ カント ⇒ フィヒテ ⇒ シェリング ⇒ ヘーゲル
という流れになります。

 
  さて、前回説明したようにデカルトの哲学は 「精神と
物質」 というハッキリとした二元論でした。

二元論というのは、何かを説明する場合に非常に便
利なやり方で、私たち自身二元論的思考に慣れきって
います。 上⇔下、男⇔女、プラス⇔マイナス、善⇔悪

  しかし、根本的なことを目指す哲学においては、どう
しても二元論では気がすまないというか、2つを統一し
た理論、なるべく単純な理論を求める傾向があります。

  これは、哲学から派生した現代科学においても同様
ですね。

  アインシュタインが最後まで量子論を認めなかったの
も、「神がそんな確率が混ざっているような、そんなやや
こしい理論でこの宇宙を創るはずがない」 というのが理
由でした。

  アイン博士曰く 「神はサイコロを振らない」

  そういう博士の相対性理論は、「E=mc2」 (2⇒自乗)
という、確かに美しくて単純な公式です。


emc2mami.jpg


  この式はとても有名ですが、この式が結局なにを意味
しているのかという説明はあまりなされません。

  E はエネルギー、m は質量、c は光速を表しています
が、この式は、エネルギーと物質と光、これら3つは突き
詰めれば同じものだということを言っています。

  エネルギーと物質が同じものだというのはまだわかり
ますが、光と物質が同じものだというのはあまりピンとき
ません。

  しかしビックバン直後の、場のエネルギーが激烈に高い
状態においては、じっさいに物質が光(光子)になったり光
がニュートリノになったりという反応が起こっていたのです。

  まさに神の領域にかすっている話です。


  もとに戻ります。

  そういうワケで、デカルトのあとしばらくは、デカルト二
元論を乗り越えるための哲学がつづきます。

ただ、デカルトの哲学は、そのあとの道が二股に分か
れてしまうほどに影響が大きかったというコトでもあります。


 デカルト (1589 ~1650)   スピノザ (1632 ~1677)
 ライプニッツ (1646 ~1716)   ロック (1632 ~1704)
 バークリ (1685 ~1753)   ヒューム (1711 ~1776)


 【 大陸合理論 】

  合理論とはというのは、①. 人間の理性を重視し、信頼
する考え方をいい、②. 1つの絶対的な原理から始まる演
繹的な哲学であるという特徴があります。

 《 演繹 と 帰納 》

  ものごとを考える際の道すじ、方法。 演繹と帰納は対
義語にあたります。

  演繹とは、はじめに抽象度の高い結論を立てて、そこ
から個々・具体的なコトを推論するやり方。 哲学者の多
くはコチラを好みます。 三段論法が典型的。

生物-哺乳類-人間-男性-白人-イギリス人-キリスト教徒  
          ( 抽象度・高  ⇔  低い )
 「生物には寿命がある」 ならば 「イギリス人にも寿命がある」

 「人には寿命がある」 「トムは人間である」 「トムには寿命がある」
           ( 三段論法 ) 

  コレに対して帰納とは、抽象度の低い事実を積み重ね
て結論を推論するやり方。 刑事ドラマにおけるホシの割り
出し方が典型です。

  どちらにも一長一短あって、演繹の短所は融通がきかな
いというところにあります。 立てた前提とほんの少しでも異
なっているトコロがあるとそれを否定しなければなりません。

  例えば、「鳥は空を飛ぶ」 という前提を立てた場合、ニワ
トリは鳥ではないということになってしまいます。

  一方で帰納の短所は、前提をいくら立てても確実な真理
には到達できないということ。

  しかし、帰納法は非常に有益な場合も多く、統計学の考
え方は帰納法に基づいていると思います。

  例えば、関東地方の視聴率を調べる場合、ビデオリサー
チが関東地方の中から無作為に選んだ家庭に機械を置か
せてもらって調べるそうなのですが、そのサンプルはたった
200 軒でイイそうです。

  200 という数は、関東地方の世帯数がどれだけ増えて
も変わりません。 そして、これは実験で確かめることがで
きます。

  まず、巨大な透明の水槽に白いピンポン球を8000個入
れます。 そして、それに加えて2000個の赤いピンポン球を
入れ、よくかき混ぜます。

そうすると、1000個のピンポン球のうち 2 割が赤い球と
いうことになります。

  そして、この10000の球の中からバケツで50個を取り出
してみる。それを何度もくり返す。 すると毎回のバラツキが
非常に多い。 50 個のうち、赤が1 割のときもあれば赤が3
割のときもある。

  次に、100個すくってみる。 それを何度もくり返す。 する
と、50 個のときよりもバラツキの幅が狭くなった。

  150個にすると、もっとバラツキが狭くなった。

ここから先は160. 170. 180 というふうに10個ずつ増や
していく。

  すると、すくい取る数を200個まで増やしたところでバラ
ツキがほぼなくなり、何回すくっても赤い球が約40個になる。
これは、母体を3万にしても10万にしても同じになります。 

実験終了。
 

 《 スピノザ 》 (1632 ~1677)

 バールーフ・デ・スピノザは、当時のヨーロッパ最大の貿
易港で、かつ最先端の場所でもあるオランダの裕福なユダ
ヤ人の家庭に生まれました。

  初等教育のみを受け、その後は家事を手伝うために大学
へは進むことなく独自に聖書や哲学、歴史、政治などの研究
をなした人です。

そして、生涯アカデミックな学者タイプではなく、市井の研
究者・著作家として活動しました。


  269241_10151489303399712_1798804397_n.jpg


  高等教育を受けなかった彼は、既成の概念に捉われるこ
となく、聖書の解釈などにおいても従来にはないような批判
的な読み方ができたようです。

  スピノザこそが歴史上初めてキリスト教と聖書を真っ向か
ら批判した哲学者だと言われていますが、この時代になると、
キリスト教にも批判されても仕方がない部分が多く見られ、
形骸化が進んでいたのだと思います。

  そのため、その言動によって周囲から批判や誤解を多く受
けたようで、20代半にはユダヤ教から破門されてしまいました。

  その後も、政治など多方面における研究、執筆活動を続け
ましたが、やがて、著書の内容から 「無神論」 だとしてキリス
ト教からも非難を浴びてしまいました。 

  このように、生前においては彼を批判する声が多かったよ
うで、のちに、彼の書いた本が発禁処分を受けることもありま
した。

  しかし、一方では彼を評価する声もあって、大学での教授
を依頼されることもあったのですが、自分の思索内容が制限
されることを恐れた彼は、そのを依頼を断ります。

  そして、その後も執筆家として過ごましたが、やがて 44 歳
で短い生涯を終えました。 


  ということで、現在のスピノザの名声は彼の没後に形成さ
れたものです。

  没後100年近く経過した頃、カント(1724~1804) がスピノ
ザを評価したのをきっかけに、それ以降彼を再評価する向き
が高まっていったようです。

  その後、かの大御所ヘーゲル(1770~1831)が、彼をこれ
以上ないほどに高く評価し、それによって彼に対する高い評
価が完全に定着します。。

  ヘーゲル曰く、「スピノザは近代哲学の要点である。 スピ
ノザ主義か、いかなる哲学でもないかどちらかである」 「あら
ゆる哲学的思索の本質的資源」 なのだそうです。

フォイエルバッハもスピノザを 「近代の自由思想化と
唯物論者たちのモーゼである」 と評価しています。


  スピノザの哲学は、単純な言い方をすれば 「汎神論」 だ
といえます。

  デカルトとの関係でいえば、デカルトの二元論をもっと厳密
にするため、あるいは、デカルトの道をさらに奥まで進むこと
でデカルト路線を徹底させたのがスピノザの一元論であるとい
えます。

  しかしニュアンスとしては、“二元論を統一した” というよ
りも、「神」 の名において両者をまるごと包み込んだという感
じです。

スピノザからみれば、デカルト論にはなおあいまいな部分
があるように思えました。

  厳密さを求めたスピノザの難解な主著 『エチカ』 は、ユー
クリッドの 『数学言論』 を模して 「定義-公理-定理-証明
-系」 という数学書の体系で書かれています。


 51iMYk6KCjL__SL500_AA300_.jpg


  彼はその中で、「実体」 を次のように定義します。

  『 実体とは、それ自身のうちに在り、かつ、それ自身によっ
て考えられるもの、言いかえれば、その概念を形成するのに
他のものの概念を必要としないもの解する 』

  これは、デカルトが 「明晰判明な直感」 によって得たもの
を、スピノザが言葉と論理によって厳密に定義しなおしたとい
うことになります。

  なおかつ、スピノザはこの定義によって遠まわしにデカル
トを否定しています。

  デカルトによれば、人間の精神が自然を理解できるのは、
精神が神から与えられたことによっています。 また、私たちの
精神には 「自然の光」 が宿っているからであるともいいます。

  この説明は、精神という実体を説明するために、もう1つの
実体(神)を用いています。 これは、もう一方の自然について
説明する場合も同様です。

  もうお分かりのとおり、これはスピノザの実体についての定
義からすれば NG 。

  これに対してスピノザは、自ら立てた定義にのっとって 「実
体=神」 、唯一 「神」 のみであるとします。

  また、デカルトにおいては、精神と物質(自然)という2つの
異なった実体がどのように関わりあっているのか、なぜ精神が
自然を理解することができるのか、という点について厳密には
説明されていません。

  この疑問についてもスピノザは、両者は結局同じものなの
だ、私たちも自然も神の一部であって、「思惟も延長も神の属
性なのだ」 とします。

  このように言われてみると、確かにスピノザによる批判の方
が的を得ているような気もします。 感覚的に言って、精神や自
然よりもやはり「神」の方がより根源的な概念のように思えるか
らです。

  また、スピノザの実体の定義に従えば、普通に考えて 「神」
以外にはありえないという結果になるでしょう。


  ・・・・・・ さて、このように、根っからのキリスト教信者が語
る 「神」 の概念や 「神」 の名が出てくる議論については、じ
つは僕自身、正直いってどう判断し評価すればイイのかわか
りません。

  もっと正直に言ってしまうと、神をもちだすのはちょっとズル
イだろ、という気もします。

  理解しがたいことについて 「神」 の一言で片付けてしまっ
たら、それこそ “何でもあり” になってしまうだろ。

  ・・・・・・ しかし、このような批判はきっと浅はかすぎるのだ
と思います。 なので 「神」 の概念が含まれる議論は、知識と
して 「知る」 だけであきらめましょう。

  ただ、このような汎神論的な考え方は、人格神を標榜して
いるユダヤ-キリスト教からすれば認めることはできないと
ころがあると思われます。


  とにかく、スピノザが言うには 「人間精神も自然も含めてす
べてが神」 「万物はすべて神の属性が “必然的に” 生み出し
た様態である」 なのです(『必然的に』 に留意してください)。

  一般的に、このような考え方を 「アニミズム(精霊崇拝)」 と
いいます。 人間精神の発達史でいうと、精霊崇拝は、教義宗
教よりも前の段階に位置しています。 魔術や呪術もここに含ま
れます。

  また、日本の神道もアニミズムに含まれますが、いちばん
わかり易いのは宮崎駿監督の 『もののけ姫』 です。 あれこ
そまさにアニミズム。


9132ef02.jpg
(※) 宮崎駿論はこちら (興味のある方はお読みください)
http://perfect-news.blog.so-net.ne.jp/2013-09-20


ただ、気をつけたいのは、スピノザの言う 「神」 はこの世界
を越えた、超越的な神、またプラトン的な神ではありません。

  「この世界=自然=神」 という、あくまでもこの世界にとどま
った自然主義的唯物論なのです。

  そして、スピノザ哲学のもう1つの特徴として 「決定論、あ
るいは運命論」 的である、また、その哲学には歴史という観
念が存在しない、ということがあります。

彼は、この世界に偶然というものは存在しない、すべてが
永遠の相の中であらかじめ決定されているといいます。

  神は必然的にこの世界を生み出した。 もし、この世界が
偶然に支配されているならば、私たちがこの世界の真理を
認識することはできないであろう。 すべてが必然であるから
こそ私たちは真理に到達できるのだ。
  0.jpg
このように主張するスピノザは、さらに人間の自由意志を
も否定しました。 この辺の感覚はまさにキリスト教的なところ
です。

  また、もしもスピノザが現在に生きていたとしたら、アインシ
ュタインと同じように量子論を否定していたことでしょう。


176043_400.jpg


以上のようにスピノザの哲学は、永遠の相においてあらかじ
め定まっている真理を明るみに出し、数学のように証明してい
く作業であったということです。

スピノザについては以上です。

  次回は、スピノザとは対照的な生き方をしたライプニッツ
について。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

もっともわかりやすい西洋哲学史 ⑧. 近代への序曲 [哲学・思想]

  前回は、デカルトが自らの哲学を構築するに当たって4つの
規則を設けたというところまでお話しました。

  そのつづきです。

  デカルトは、自分自身を物質とは無関係である “純粋な精神”
とみなし、「われ思うゆえにわれあり (コギト・エルゴ・スム)」 とい
う第一原理をうち立てました。

それは、他方において、私たちを取り巻く外界・自然がなんら
意味をもたない、空間座標に象徴されるような、どこであっても
均質で無機質なものとみなされることを意味してもいます(= 機
械論的世界観)。 

  コギトとは 「私は考える」 というラテン語に由来しますが、こうし
て、精神として純化された人間 (コギト)は、もう一方で、物質とし
て純化された自然と向かい合う存在となりました。

  コギトはさらに 「近代的な自我」 へとつながっていき、精神と自
然の向かい合う関係は近代的な 「主体-客体」 の図式につなが
っていきます。


 2_shutterstock_69544540.jpg


  デカルトによれば、「我われが明晰判明に理解するモノゴトはすべ
て真である」 といいます。

しかし、デカルトはなぜ “自分がモノを考えている” という認識そ
のものがまやかしであるかもしれない、と疑わなかったのでしょうか?

  あるいは、「なぜ 『自分(主観)が自分の考え(客観)を正しく認識
しうる (a )』 と判断したのでしょうか?」 (b )

  この問い(b)に対して、デカルトは答えてくれません。 あるいは
(b )という問いを立てなかったともいえます。

  デカルトにとって (a )は自明のコトであり、人間の精神にはもとも
と (a ) という能力がそなわっているとされます。 そして、ここにデカ
ルトの人間の理性に対する絶対的な信頼があります(=合理主義)。


 london-underground-web.jpg


  次に、精神は客体を正しく認識しうる能力をもっていますが、そ
れは個人的なものではなく、「万人がモノゴトを同じように考えるこ
とができ」 ます。

  デカルトは、万人に備わるこの能力を 「良識」 と呼び、また同じ
ものを 「自然の光」 と呼ぶ場合もあります。 これは世間的な常識
のコトではなく、“モノゴトを正しく認識できる能力”を指しています。

(※) ここでいう 「良識」 とは 「理性」 と置きかえてもよく、それなら
ば始めから 「理性」 と言えばいいのですが、哲学者はこういう造語
好きなのです。

 万人に等しく 「良識」 が備わっているということは、“人間はみな
同型である” という発想につながり、これがやがて啓蒙へとつなが
っていきます。

  ここまで来れば 「平等」 という発想まであと1歩なのですが、この
1歩がなかなか埋まらないのが近代の歴史なのです。


  さて、ここにきてデカルトは 「神」 を持ち出します。

  デカルトの理性に対する絶対的な信頼は、それが神に由来する
ものであることによっています。


無題.png


  デカルトによる、いわゆる 「神の存在証明」 を簡単に説明すると
次のようになります。

  私たちは 「完全なるもの」 を想起することができる ⇒ 「完全な
るもの」 を想起することができるということは、「完全なるもの」 の
存在を前提としている ⇒ 「完全なるもの」 とは神以外にありえな
い ⇒ よって神は存在する ⇒ めでたしめでたし

この考え方は、プラトンのイデア論にそっくりですが、それはさ
ておき、ここで注目すべきは、スコラ哲学を批判したデカルトでさえ
神を持ち出してしまった、ということではなく、「神の完全性=人間
の理性の完全性」 であるということです。 

  いつの間にやら、神の絶対性が人間の絶対性にすりかわって
しまいました。

  これはつまり、「人間が神の玉座についた」 と解釈できますが、
早くも17世紀初頭のこの時点で、このような発想が誕生していた
ということです。

  そして、神の力を受け継いだのが近代科学だといえ、この後の
数世紀でそれが証明されていくことになります。


 o0700046610872965942.jpg


 ・・・・・・ うまく話がまとまりましたが、これは近代の神話であると
もいえるでしょう。

  古代の人たちは、私たちが西洋哲学史を信じているのと同じよ
うな感覚でゼウスやらポセイドンやらを理解していたのだと思います。

  とはいえ、哲学史はこの先まだまだつづいていきます。


《 デカルト的心身問題 》

  このあたりの話は簡単に触れるにとどめます。

・ デカルトによれば、身体による判断=「感覚」、思惟による判断
=「悟性」 であるとされます。

  人間がまちがった認識をしてしまうのは感覚に頼るからであって、
モノゴトの判断は悟性によらなければならない。


・ デカルトは、人間を物質とは関係ない純粋な精神であるとみな
しましたが、これはその反面、身体が純粋なモノであるとみなされ
たことにもなります。

  その結果、精神と身体は明確に区別され、それぞれに異なった
原理にもとづくものとなりました。

  そうすると、当然この2つはどのように関係しあっているのか、
という問いが生まれ、デカルトはそれを細かく説明していきます。

  しかし、その理論は自らの造語を自らの造語によって説明してい
く理論なので省略します。

・ デカルトの世界観が 「機械論的世界観」 呼ばれるのは有名
ですが、この世界観はデカルト哲学全体を指すのではなく、精神
と物質に分けたうちの物質(自然・外界) の側を説明するものです。


 o0800054310872986391.jpg


  デカルトについては以上です。

  この先、哲学史は二股に分かれ並行して進みます。 それはそ
れぞれ 「大陸合理論」 と 「イギリス経験論」 と呼ばれますが、前
者がデカルトを受け継ぐ路線となります。

 そして、この両者をカントが統一することになります。


  今回はここまでです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

もっともわかりやすい西洋哲学史 ⑦. ルネサンス から デカルト へ [哲学・思想]

  今回は、普遍論争からです。

  前回、中世の神学において 「言葉」 が重視され、トマス・アクィナ
スの神学においてさらにその傾向が強まったという話をしました。

  旧約聖書 「創世記」 は 『はじめに、ロゴスありき』 という文章で
始まります。

  この 「ロゴス」 は通常 「ことば」 と訳されますが、旧約の神は、こ
の世界を創るときに、他の何よりもまず 「ことば」 を誕生させたワケ
です(そのあと天や地を創る)。

  なので、キリスト教が言葉を重んじるのはある意味当然なのです
が、それが極端なところまでいってしまったのが、次の 「普遍論争」
だといえるでしょう。

  「ソクラテス (個物)」 と 「人間 (種・普遍)」 という言葉があると
き、人間という種がソクラテスとは別に実在するのか? それとも、
単に言葉や概念にすぎないのか?

  実在するという立場を 「実念論」、単なる言葉にすぎないとする
立場を 「唯名論」 といいます。

  この論争は、11 世紀から14 世紀にかけて世代を越えて続くので
すが、ローマ・カトリックは普遍的な教会であることを標榜しているの
で、当然 「実念論」 の立場に立ち、14 世紀 「唯名論」 の代表者ウィ
リアム・オッカムの思想は異端とされました。

  一般人的な感覚で言うと 「バカバカしい」 という感じもしますが、
哲学において 「言葉」 の問題は根本的なことで、思想史上、現在に
おいても中心的な話題の1つになっています (20 世紀哲学の動向
を指して 「言語論的転回」 という)。

  ここではこれ以上深入りはしませんが、後ほど触れることもある
かと思います。



  さて、ここからはいよいよ 「近代 (Modern)」 にはいりますが、そ
もそも 「近代とは何か」 という話から始めます。

  近代とは、一般的にルネサンス及び宗教改革にはじまり、絶対主
義からフランス革命を経て現在に至るまでの時代を指しています。

  具体的には、以下のようになります。

 《 伝統的社会(前近代) - 近代的社会 》

 〈 技術 〉 人力、畜力 - 機械力 (動力革命、情報革命)
 〈 経済 〉 第1次産業 - 第2次産業、第3次産業
        自給自足経済 - 市場的交換経済 (資本主義化)
 
 〈 法 〉 伝統的法 - 近代法
 〈 経済 〉 封建制 - 近代国民国家
        専制主義 - 民主主義
  
 〈 社会集団 〉 家父長制 - 核家族
           機能的未分化 - 社会的分業

 〈 地域社会 〉 村落共同体 - 近代都市
 〈 社会階層 〉 家族内教育 - 公教育
           身分階層 - 自由、平等、自由な移動
 
 〈 知識 〉 神学的、形而上学的 - 実証的、科学的
 〈 価値 〉 神中心 - 人間中心
        非合理主義 - 合理主義 (宗教改革、啓蒙主義)

 〈 人間関係 〉 ゲマインシャフト - ゲゼルシャフト

(※) ゲマインシャフト ⇒ 互いに他者の人格全体に非限定的に
かかわる関係。 家族、農村共同体。
    ゲゼルシャフト ⇒ 他者の属性の特定の側面に関して功利
的にかかわる関係。 市場、契約関係。



 【 ルネサンス 】 

  近代は、ルネサンスによって幕を開けます。 ルネサンスとは re
-born、つまり 「再生」 という意味ですが、「ギリシア・ローマの文芸
が華やかだった時代に還ろう」 という時代感を指しています。

人々の熱気は相当に高かったようで、「ローマ再建」 のスロー
ガンのもと、聖ペトロの墓地跡にサン・ピエトロ大聖堂が建立され
ました。

  この 高さ130m (ビルの 40 階程度)、長さ210m を誇るキリ
スト教最大の建造物は 「ルネサンスのピラミッド」 と言ってもよく、
このプロジェクトには多くの著名人が参加し、完成までに170年
の月日を要しました。


 sber1.jpg
 1506it4.jpg


  美術史において レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラフ
ァエロ という3人の巨人が現れたのもこの時代です。

  そして、ルネサンスにはもう1つ、「神のことばっかり考えないで、
私たち人間自身に関心を向けよう ! 」 という人間中心主義という
面があります。

 人々がその関心を神から人間に移した様は、この頃に著された
『デカメロン』 という人間観察物語集からも窺い知ることができ、こ
の物語集はダンテの 『神曲』 に対して 『人曲』 と呼ばれています。

  中世においては、神と被造物の間には越えることのできない深
淵が横たわっていましたが、ルネサンスになると、神は自然の中
にも表れていると考えられるようになり、自然は肯定され、自然は
神々しいものとなりました。

  その表れとして、中世までは存在しなかった風景画というものが、
ルネサンス以降、描かれるようになっていきます。


  歴史の流れを図式的イメージで言うと、近代以降というのは、1
本の川が海に近づいて扇形に広がっていくように、社会の幅が一
気に広がっていくような感じがあります。

  社会の幅は広がっていくのですが、同時に、この世界が(複雑
にではなく)単純になったのが近代という時代です。

 いま、テーブルの上にコップがあるとします。

  近代的な感覚で言うと 「ここにコップがある」 という、ただそれ
だけのコトです。

  しかし、中世的世界観で考えると、このコップは 「どのように使
われるのか」 という目的と、製作者の意図、さらに形相を抜きにし
ては考えられません。

  また、ガリレオがピサの斜塔から鉄球を落とすとします。

  近代的な感覚では、「重力によって鉄の球が落下する」 という
コトになります。


tWHCA4NrpmKwY-0.jpg


  それに対して中世的な感覚で言うと、この鉄球の運動は、より
良い秩序を目指すためのものであるとされます (火は上方に、鉄
は下方に存するのが世界の秩序である)。

  さらに、この鉄球の運動は、始動因、目的因、質料因、形相因
という4つの原因をもっており、始動因は鉄球を落とした人ガリレ
オ、またはガリレオの意思だとされます。

  加えて、この鉄球の運動には神の意思や奇跡の介在する余地
もありました。

  落語で、イヌの眼を義眼にしたら電柱に小便をひっかけたくなっ
たという話がありますが、この場合、イヌの眼は死んだ物体ではな
く、生きたイヌ全体とつながっているワケです。

  ここで言う中世的世界観とはつまりアリストテレスの世界観です
が、以上のように近代以前においては、この世界はさまざまな意味
にあふれていたと言えます。

  ルネサンス期まで1000年にわたって常識となっていたアリスト
テレスの世界観を 「物活論的世界観」 といい、以下で説明するデ
カルトの世界観を 「機械論的世界観」 といいます。

  ちなみに、デカルトとガリレオ・ガリレイ (1564 ~1642) は同時
代の人で、科学史において ガリレオ-ケプラー-ニュートン によ
る物理学的進歩を 「科学革命」 と言います。

 科学革命についてはこちら
http://perfect-news.blog.so-net.ne.jp/2013-07-13-2


 e670a8cf4683ae09cd0e9c93f3b65ab5.jpg


  ガリレオは、木星の衛星や土星の輪を発見したことや、振り子
の原理、落体の法則などで有名ですが、それ以上に重要なのが、
「仮説を立てて、実験でそれを証明する」 という、科学の手法その
ものを確立した点にあります。

これは 「問題は頭の中でひたすら考えれば解ける」 というアリ
ストテレス的な理性への過信から、転じて 観察や経験、実験とい
う手法に目が向けられたということでもあります。

  ところで、これは哲学史の範囲を超えることですが、14世紀から
16世紀にかけて、ルネサンス、宗教改革、科学革命、大航海時代、
魔女狩り が同時並行的に起こっており、このことからも大変革の
時代だったというのがわかります。
 
  ルネサンスは人文主義(ヒューマニズム)と言われますが、同時
にこのルネサンス期には、魔女狩りや、残酷なアメリカ大陸征服と
いった反人文主義(アンチヒューマニズム)的なものも全盛であった
という面もあったということです。


  大局的にみると、これ以降世界の歴史は欧米の1人勝ち状態
へと進んでいきますが、それはひとえにヨーロッパが科学というバ
ケモノを発明したことによっています。

  ガリレオに始まる 「科学革命」(その結果である産業革命も含め
て)は、人間の歴史の中で、紀元前8000年頃に起こった 「農業革
命」、前3000年頃の 「都市革命」、前800年頃の 「商業革命」 につ
づく4つ目の革命だといえますが、私たちの時代もその余波の範囲
内にあるといえるでしょう。

  それまで世界の極西に位置する寒い辺境の地にすぎなかった
欧州が、ただ1つ 「科学」 という武器を手に入れたことによって、
遅ればせながら “近代デビュー” を果たしました。

  青春用語に “高校デビュー”“大学デビュー” という言い方があ
りますが、デビューが遅い者の方が限度なく突き抜けてしまったり
します。

  「科学-産業革命」 以降のヨーロッパのハチャメチャさを考える
と、それと通じるところがあるような気がします (※)。


(※) 中米帝国の蹂躙、ネイティブアメリカン絶滅、帝国主義、ア
フリカ分割、中国分割、世界大戦、必要以上にエラそうな態度 など

 4つの革命関連記事についてはこちら
(ながい記事ですが興味のある方は読んでください)
http://perfect-news.blog.so-net.ne.jp/2013-05-30-2



 【 ルネ・デカルト 】 (1589 ~1650)

  科学というのは、この世界の秩序を数学で単純化するというこ
とですが、これは ピュタゴラス-プラトンに始まり、錬金術の歴史
を経てガリレオ-ケプラー-ニュートンへと至る道です。

  この科学的、近代的世界観の哲学的基礎付けをしたのが、これ
からお話しするデカルトです。


 descartes-pensador-para-emprendedores-y-lideres-143729_595_421_1.jpg


《 精神と物体 ~ デカルト的二元論 ~ 》

  デカルトは、この世界を 「精神と物体」 という2つの実体に分
けます。

  その上で、精神の属性は 「思惟」、つまり考えることであり、物
体の属性は 「延長」、つまり空間的に位置を占めることであるとし
ました。

(※) 実体、属性、延長など、ふだんは使わない言葉が多くで
てきますが、これらは哲学の業界用語みたいなもので、なんとな
くニュアンスがつかめれば充分です。


「延長」 という属性が成り立つためには、その前提として 「均質
な空間」 という概念がはっきりしていなければなりません。

デカルトによれば、「空間」 とは場所ごとにさまざまな意味を持
つものではなく、単純で無機質・無意味なものとされます (a)。

  数学の座標軸(X,Y)を生み出したのもデカルトで、これにより幾
何学と代数学が結びつきました (※)。

  ある物体が空間的に位置を占めるというコトは、そこには他の
物が入り込めない、つまり排他的であることを意味し(b)、例えば
コップに精霊が宿ったり、鉄球に悪魔がとりついたりはできないと
いうことを意味しています。

  また、物体の属性が 「延長」 と考えられることによって、逆に延
長をもたない天使や精霊といった存在は成り立たなくなるというこ
とを意味してもいます (c)。

  このようにして、近代世界は 「精神と物質」 という単純な原理
に基づくものとなりました。

言い換えれば、自然はモノとなって測定できる対象となり、精神
はモノから自由な純粋な精神となりました。

(※) 数学は幾何学と代数学に分けることができますが、幾何学
は古代ギリシアで発展し、その後ヘレニズム期にエジプトのアレク
サンドリアにおいてエウクレイデス(ユークリッド)によって古典的完
成をとげました。

  それに対して、代数学(連立二次方程式など)は商業に長けた
イスラム世界で発達しました。

  また、ヨーロッパと共通の祖先をもつ(インド=ヨーロッパ語族)
古代インドにおいても数学が盛んで、7世紀にインドにおいて 「0 」
(ゼロ)という概念が発見(発明 ?) されています。


《 明晰判明な精神 ~ われ思うゆえにわれあり ~ 》

アリストテレスの哲学は言語による世界の分析という方法に基
づいていましたが、スコラ哲学は、12世紀に逆輸入されたアリス
トテレスの体系を基礎としています。

  スコラ学者たちの言葉の海に溺れた果てしない議論は、デカ
ルトの目には、なんら確実なものに基づかないあいまいなものに
映りました。

 ソクラテス - プラトン - アウグスティヌス - デカルト
(合理主義)
 アリストテレス - スコラロックバークリヒューム


      image001.jpg
 (デカルトがアリストテレスの著作を踏みつけている風刺画)


  それに対してデカルトは、哲学は絶対確実な地点から出発す
るべきであると提唱します。

  絶対確実な出発点は、スコラ学者のような 「議論」 によっても
たらされるのではなく、「直感」 (=明晰判明な認識) によっても
たらされるものだとデカルトは考えます。

  それゆえ、デカルトの哲学は明晰判明に認識できる出発点か
ら始まり、その出発点こそが 「われ思うゆえにわれあり」 (コギト
・エルゴ・スム) となるワケです。

  「われ思うゆえにわれあり」 (コギト・エルゴ・スム)

  デカルトは、この言明を自らの哲学の 「第一原理」 と定めま
す。 そして、それは次のようなコト。

  デカルトはまず、世の中のすべてのモノゴトを疑い否定します。
そして、自分のカラダの存在をも否定します。

  それでも、どうしても疑いえないことが1つ残る。 それは、「自
分がモノを考えているという事実」。

  デカルトはこの第一原理から出発し、演繹的方法によって整
然と構成できる哲学体系を目指しますが、それはユークリッド幾
何学を模範としたものでした。

  幾何学は、正しい手順を踏めば誰でも1つの正しい解答にた
どり着くことができます。

  デカルトは、これと同じように哲学においても万人が1つの正
しい解答を得ることができるような体系を構築しようとしたという
こと (※)。

  例えば、ユークリッド幾何学に 「点とは広がりをもたないモノ」
「線とは幅をもたないモノ」 という定義があるように、デカルトも
自らの体系に4つの規則を定めました。 

 ①. 明らかに真理であると認めうるもの以外は認めないこと。
即断と偏見を避けること。

 ②. 検討する対象を、できるだけ細かく多数の小部分に分割
すること。

 ③. 単純なものから始め、徐々に複雑なものへという段階を踏
むこと。 現実には後先のない事柄にも秩序を仮定して考えること。

 ④. 自分は何1つ見落とさなかったと確信できるほどに、徹底
的に再検討すること。

  近代科学の考え方は、一言でいうと 「分析と総合」 であると言え
ますが、デカルトの4つの規則にそれが表れています。


(※) 数学によれば唯一の正しい解答にたどり着くことができる
という考えは、20 世紀半ば、ゲーデルによってくつがえされること
になります。


 ・・・・・・ 長くなってしまったので、今回はここまでにします。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

おら、ジーンズが好きだ ! ⑨. ラウンドハウス. ポインター. カーハート. ディッキーズ [ファッション]

【 ラウンドハウス 】

  1898年、キューバがスペインから独立するのを援助したアメリ
カ合衆国とスペインとの戦争が終わり、1903年、ルーズベルト大
統領の時代、ライト兄弟が動力飛行に成功し、ヘンリーフォードが
最初の車をデザインしていた頃に誕生した老舗ブランドです。

  当時、主に鉄道労働者のワークワークウェア手がけ絶大な人を
誇っていました。 当時、円形をした蒸気機関車の工場が 「Round
House」 と呼ばれ、それがそのままブランド名になりました。

  それ以来100年以上当時のスタイルを守り続け、「FITS BEST,
WEARS LONGEST」 をモットーに、タフで着心地がいいというワ
ークマンのためのオーバーオールをつくり続けているブランドです。

  ちなみに、フロリダのディズニーワールド内の鉄道作業員たちは
全員 Round Housenのワークウエアを着ているそうです。


デニム ペインターパンツ 》  ラウンドハウス定番のデニムペイン
ターパンツ。 ハンマーループ、トリプルステッチなど、ペインターの
伝統ディテーテールを踏襲。 太すぎず、ややテーパードしています。
¥5900

 img58070772.jpg

  インチ (30. 32. 34. 36. 38. 40. 42. 44. 46 )
  ウェスト (81. 85. 89. 95. 100. 105. 112. 117. 122 )
  股上 (32. 33. 34. 35. 37. 39. 41. 43. 45 )
  わたり (31. 32. 33. 34. 35. 236. 38. 38. 39 )
  裾幅 (23. 23. 24. 25. 26. 26. 27. 27. 28 )
  レングス (すべて 32 インチ = 83 cm )
  数回の洗濯で 1~2 cm の縮みが生じます。



《 ダック ペインターパンツ 》  ブラウンダック、ブラックダック、
ヒッコリー があります。 ¥6900

 img59470339.jpg
 img60776389.jpg

  インチ (30. 32. 34. 36 )
  ウェスト (80. 83. 89. 95 )
  股上 (31. 32,5. 35. 36 )
  わたり (32. 33. 34,5. 35 )
  裾幅 (22,5. 23,5. 24. 25 )
  レングス (すべて 32 インチ = 83 cm )
  数回の洗濯で 1~2 cm の縮みが生じます。



《 ダブルフロント ペインターパンツ 》  12 オンス ブラウンダック、
ナチュラルがあります。 ¥8800

 rh2202.jpg
 roundhouse01.jpg

  インチ (30. 32. 34. 36. 38. 40. 42 )
  ウェスト (78. 82. 86. 92. 100. 104. 108 )
  股上 (32. 33. 34. 35. 36. 39. 40 )
  わたり (30. 31. 32. 33. 34. 35. 36 )
  裾幅 (22. 23. 24. 24. 25. 26. 27 )
  レングス (すべて 32 インチ = 83 cm )
  数回の洗濯で 1~2 cm の縮みが生じます。



《 ベイカーパンツ 》 ラウンドハウスのラインナップに新しく加わっ
たベイカーパンツ。 デニム、ヒッコリー、ブラウンダックの3色。¥8800

 rhouse-pt02_1.jpg

  インチ (30. 32. 34 )
  ウェスト (78. 81. 86 )
  股上 (31. 32. 34 )
  わたり (30. 31. 32 )
  裾幅 (22. 23. 23 )
  レングス (すべて 32 インチ = 83 cm )
  数回の洗濯で 1~2 cm の縮みが生じます。 



《 スリムパンツ 》  細めのシルエット。 デニム、ブラウンダック、ナ
チュラルがあります。 ¥8800

 img60635002.jpg
 rhg09a_306_d_r.jpg

  インチ (30. 32. 34 )
  ウェスト (81. 87. 93 )
  股上 (26. 29. 32 )
  わたり (23. 25. 27 )
  裾幅 (18. 20. 21 )
  レングス (すべて 32 インチ = 83 cm )
  数回の洗濯で 1~2 cm の縮みが生じます。 



《 スリムカーゴパンツ 》  ストレッチコットンを使用したカーゴ
パンツ。 ¥8800

 f282_1.jpg

   サイズ (S. M. L )
   ウェスト (78. 83. 87,5 )
   股上   (27. 28. 29 )
   わたり (25. 26. 26,5 )
   裾幅 (16. 17. 18 )
   レングス (76. 77,5. 78,5 )



《 ストレッチ チノパン 》  ストレッチコットン。 テーパードのかか
った細身のシルエット。 ¥5900

 f280_1.jpg

   サイズ (S. M. L )
   ウェスト (76. 82. 86 )
   股上   (27. 28. 28 )
   わたり (24. 25. 26 )
   裾幅 (16. 17. 18 )
   レングス (75. 76. 77 )




【 ポインター 】

1913 年に創設されたブランド。 トレードマークからもわかるよ
うに、猟犬競技で名を馳せた L.L.C.キング氏が、よりタフなワー
クウェアを供給しようというコンセプトで立ち上げたブランドです。

  トレードマークの犬は 「ビル」 というキング氏の飼い犬だった
そうです。

  創設以来、タフなワークウェアを手頃な価格で供給し続けてい
る優良なアメカジブランド。

  展開するアイテムは、どれも着やすいものばかりで、とくにカバ
ーオールは大人気商品です。


《 ペインターパンツ 》  ポインターの定番、ペインターパンツ。 イ
ンディゴ、ヒッコリー、フィッシャーマン、ブラウンダック、ナチュラル、
ブラウンウォッシュがあります。 ¥7800

 pointer-32_1.jpg
 pointer-39_1.jpg
 c894c011d2f98d561700e1a7534c855e.jpg
 lot29d.jpg
 lot29w.jpg
   poi0014.jpg

  インチ (28. 30. 32. 34. 36. 38. 40. 42 )
  ウェスト (71. 77,. 82. 87. 90. 96. 99. 108 )
  股上 (30. 31. 32. 34. 35. 38. 38. 40 )
  わたり (31,5. 32. 33. 34,5. 35,5. 36,5. 37,5. 40 )
  裾幅 (23. 23. 24. 24. 24,5. 24,5. 25. 25 )
  レングス (80. 80. 80. 80. 80. 80. 81. 81 )



《 スキニーペインターパンツ 》  細めのペインターパンツ。
¥8295

 img59142558.jpg

  インチ (30. 32. 34. 36 )
  ウェスト (78. 83. 90. 95 )
  股上 (27. 29. 30. 30,5 )
  わたり (26,5. 28. 29. 30 )
  裾幅 (21,5. 22. 22. 23 )
  レングス (すべて 82 )



《 カバーオール 》  大人気のカバーオール。 インディゴ、ヒッ
コリー、ナチュラル、ブラウンダックがあります。 ¥14800

 imgbb195db8zikfzj.jpg

  サイズ (XS. S. M. L )
  肩幅 (45. 48. 51. 53 )
  身幅 (48. 53. 59. 64 )
  着丈 (67. 70. 72. 75 )
  袖丈 (62. 63. 64. 67 )




【 カーハート 】

  1889 年、米デトロイトで設立されたワークウェアブランド。

  初期の頃は鉄道労働者向けのダック地オーバーオールを
始めとする作業着を提供し、以降、米の産業の発展とともに
成長してきたブランドです。

  創設以来ほぼカタチを変えず、ダック生地を始めとした定番
のタフなワークウェアを提供し続けているカーハート。

  60 年代の労働組合運動の盛り上がりの時期には、一貫し
て労働者支持の姿勢を打ち出し、労働者の団結を讃えるなど、
常にワーカーたちと共に歩んできました。

  70 年代からはジーンズの製造にも乗り出し、97 年からは、
新しいコンセプトのヨーロッパラインが誕生。

  さらに、2009 年には原宿に日本フラッグシップショップがオ
ープンするなど、現在も進化し続けているブランドです。


《 ダック ペインターパンツ 》  カーハートの定番、シングルフロ
ントのペインターパンツ。 ¥12600


   beware_cah50.jpg
 carhartt-b11-3.jpg


  インチ (30. 32. 34. 36. 38. 40. 42 )
  ウェスト (76. 80. 84. 90. 96. 100. 104 )
  股上 (30. 30. 31. 32. 33. 34. 34 )
  わたり (34. 35. 36. 38. 39. 40. 41 )
  裾幅 (23. 23. 23. 24. 25. 26. 27 )
  レングス (32 インチ = 83 )



《 ダック ダブルニー ペインターパンツ 》 ダブルニーペインター。


carhartt-b07-4.jpg
 carhartt-pt02_1.jpg

 carhartt-b316-sizen.gif


《 ウェザード ダック ダブルニー ペインターパンツ 》 最初から
穿きこんだような加工が施してあるタイプ。

  100098-4.jpg

  インチ (30. 31. 32. 33. 34. 36. 38 )
  ウェスト (79. 82. 84. 85. 87. 92. 97 )
  股上 (29. 29. 30. 30. 31. 32. 33 )
  わたり (29. 30. 30. 31. 31. 32. 33 )
  裾幅 (21. 21. 22. 22. 2S2. 23. 24 )
  レングス (32 インチ = 83 )



《 ワークパンツ 》  程よい厚みの頑丈なワークパンツ。 ツイル
生地なので履き心地もバツグン。 カーキ、ブラック、ネイビー、ダ
ークグレーがあります。

 carhartt-pt01_1.jpg
 carhartt-b290-size.jpg



《 ジーンズ 》  カーハートのジーンズ。 太目のシルエット。

 carhartt-b460-1.jpg
 carhartt-b172-size.gif




【 ディッキーズ 】

 正式な社名は 「Williamson-Dickie Manufacturing Com
pany」。 「ディッキーズ」 はブランド名で、創始者の1人である
E.E.ディッキーからきています。

  安価なため格下に見られがちですが、1922 年の設立以来、
全米各地の工場や米軍などに採用されてきた実績を誇ります。

  元来実用性を重視したアイテムを提供してきたブランドなの
で、ファッションアイテムとして愛用される現在でも、生地の丈夫
さやディテールには定評があります。

  近年ではファッション雑誌などでも頻繁に紹介され、アーティ
ストや芸能人にも多数の愛好者がいることが知られている非常
にコストパフォーマンスの高いブランド。 種類が多いのも特徴の
1つです。


《 ワークパンツ 874 》 ディッキーズの代表的モデル。 全10色。
股上の浅いタイプもあります。

  dick0004_2.jpg
dick0004_4.jpg



《 ワークパンツ 873 》 スリムワークパンツ。 アメリカ流通モデル。
股上の浅いタイプもあります。

10003194_2.jpg

img58159832.jpg



《 スキニー ダブルニーワークパンツ 811 》

 1762345_0.jpg

  インチ (30. 31. 32. 33. 34. 36. 38 )
  ウェスト (84,5. 87. 89,5. 91. 94. 97. 101 )
  股上 (27. 28. 29. 30. 31. 31,5. 32 )
  わたり (25. 25. 26. 26. 27. 28. 28 )
  裾幅 (17,5. 18. 18,5. 19. 19,5. 20,5. 21 )
  レングス (すべて 82 )



リラックスフィット チノパン 791 》  ゆったり目のシルエット、色
はヴィンテージチノ、ミリタリーグリーン、フリッカーグレー、シーネ
イビーアンティークブラック です。

wd791_5_col.jpg 

   インチ (30. 32. 34 )
   ウェスト (76. 81. 86 )
   股上 (30. 31. 32 )
   わたり (32. 33. 34 )
   裾幅 (21. 22. 23 )  



《 レギュラーストレート ダブルツイルワークパンツ 804 》  色は
ブラック、ダークネイビーチャコールグレー、カーキ です。

  hi-style_2077-0025.jpg

 2077-0025-3.jpg



《 ストライプ ワークチノパン 892 》 股上は浅め。 チャコ
ール、ブラウン、ライトグレー。

um892st_ry_a2.jpg

  インチ (28. 30. 32. 34 )
  ウェスト (71. 76. 81. 86 )
  股上 (23. 24. 25. 26 )
  わたり (26. 27. 28. 29 )
  裾幅 (20. 20. 21. 22 )



《 スマートワークチノパン 2876 》 股上は浅め。 13色

dickies-um2876_21.jpg

dickies-2876table.jpg



《 スマートスリムフィットパンツ 3876 》

dk-58-0070_25.jpg

  インチ (28. 30. 32. 34. 36 )
  ウェスト (79. 84. 89. 94. 99 )
  股上 (25. 26. 27. 28. 29 )
  わたり (25. 26. 27. 28. 29 )
  裾幅 (18. 18,5. 19,5. 20,5. 21,5 )



《 ジョッパーズワークパンツ 5876 》  日本限定モデル。
腰周りにゆとりを持たせ、股部分はサルエル使用。 ¥7350

 img62486594.jpg

  インチ (28. 30. 32. 34. 36 )
  ウェスト (71. 76. 81. 86. 91 )
  股上 (31. 32. 33. 34. 36 )
  わたり (26. 27. 28. 29. 31 )
  裾幅 (16,5. 17. 18. 18. 20 )
  レングス (76. 76. 76. 78. 80 )



《 ダブルニーワークパンツ 85283 》

 img61179634.jpg
 dick0003_4.jpg



《 リラックスストレート デニムパンツ dd 010 》   アメリカ流通モデル。
ヘリテージウォッシュ、オーセンティックリンス、ローリジッド の
3色。 ¥7890

 befree_10008643_1.jpg
 dick0004_4.jpg



《 レギュラーフィット ワークジーンズ 1993 》

 dickies1245.jpg

  インチ (32. 34. 36. 38. 40. 42 )
  ウェスト (86. 92. 98. 104. 108. 114 )
  わたり (33. 35. 36. 37. 38. 39 )
  裾幅 (22. 23. 24. 24. 24. 25 )
  レングス (83. 85. 85. 85. 85. 85 )




《 デニムペインターパンツ 1993 》 リラックスフィット ペインター
パンツ。 インディゴ、ライトインディゴ、ダークインディゴ、ブラック
の4色。 ¥6195

 24311.jpg

 dickies-1993-size-a.gif



《 デニムペインターパンツ 1994 》 アメリカ流通モデル。
インディゴリジッド、インディゴブルー の2色。

 dickies-1994_02.jpg

 dickies-1994-size1.gif
 dickies-1994-size2.gif



《 リラックスストレート カラーデニム dd211 》  ゆったりとした
シルエット。 ランバージャック、ブラウンダック、ブラックオリーブ
グラベルグレー の4色。

 dd211-3.jpg

 dd211-size.gif



《 セルビッチ ルーズフィットデニム 》 赤耳デニム。 インディゴ、
ライトインディゴ の2色。 ¥8400

 img77751269.jpg

  インチ (28. 30. 32. 34. 36 )
  ウェスト (78. 82. 86. 91. 97 )
  股上 (25. 26. 27. 28. 29 )
  わたり (27,5. 28,5. 29,5. 31,5. 33 )
  裾幅 (21. 22. 23. 24. 25 )
  レングス (81. 82. 83. 84,5. 86 )



《 レギュラーフィットジーンズ 9393 》 14 オンス。 普通のストレート。
ウォッシュ済み

 dickiesbot004-001.jpg

  インチ (30. 32. 34. 36. 38. 40. 42. 44 )
  ウェスト (80. 86. 91. 95. 102. 107. 113. 118 )
  股上 (27. 27,5. 28,5. 29. 29,5. 31. 32,5. 33,5. 34. 35 )
  わたり (30,5. 31. 31,5. 32. 33,5. 33,5. 35. 36. 37. 37,5 )
  裾幅 (21. 22. 22,5. 22,5. 23. 24. 24,5. 25. 25,5 )
  レングス (すべて 87 )



《 レギュラーフィットジーンズ 》  アメリカ流通モデル。

 befree_10006475_1.jpg

 befree_10006475_2.jpg



《 スリムストレート ジーンズ 》 ローリジッド、インディゴブルー、
ダーティーミディアム の3色。

 dd010-3.jpg

 dd010_03.jpg



《 スリムスキニー ジーンズ dd003 》  ストレッチ加工のスキニー。
インディゴブルー、ブラック の2色。

 dd003-3.jpg

 dd003-sizen.gif



《 16,5 オンス レギュラーデニムパンツ 》  匠のデニム。 ディッキーズ
のヘヴィーオンスジーンズ。 股上は浅め。

 40wd38-1.jpg

 40wd40-1.jpg

  インチ (29. 30. 31. 32. 34 )
  ウェスト (73. 76. 78. 81. 86 )
  股上 (23. 23. 23. 23,5. 24 )
  レングス (82,5. 83. 83,5. 84. 85,5 )



《 ダック ペインターパンツ 1939 》

 d1939-1-1.jpg

 dickies1939-size.gif



《 ダック ダブルニー ペインターパンツ du 212 》 アメリカ流通モデル。

 10008539_1.jpg

 10008539_3.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

もっともわかりやすい西洋哲学史 ! ⑥. 神学の時代 [哲学・思想]

  今回は、ヨーロッパ中世のお話です。

  中世とは、もともと 「古典古代 と ルネサンス という2つの
時代のはざまにある時代」 という意味で、一般的に、西ロー
マ帝国の滅亡からルネサンスに至るまで、つまり5 世紀~
15 世紀頃までを指します。

  ゲルマン人の侵入によって、西暦400年頃から西ローマ帝
国の破壊がはじまり、476年、ついに帝国は崩壊。 その後も
数百年にわたって破壊が進みます。

  帝国が築いた公共の下水道や浴場、図書館のような高度
文化はことごとく破壊され、100万人都市であったローマの人
口も 4 万人まで落ち込んでしまいました。

  中世は従来 「暗黒時代」 と言われてきましたが、1000年
.をかけて 「ヨーロッパ世界」 という1つのまとまりが形成され
熟成された期間という意味では重要な時代だといえます。
 
  地域的なまとまりを形成する上で重要な役割を果たしたの
がキリスト教であり、また、中世のあいだヨーロッパの知的伝
統を受け継いできたのもキリスト教、とくに修道院でした。


20121231112825470.jpg



  【 アウグスティヌス 】 (354~430)。

  中世は、一言でいうと神学の時代です。 今回説明するの
は 「キリスト教最大の教父」 と言われるアウグスティヌス と
「中世最大の体系家」 トマス・アクィナスです。

  アウグスティヌスが生きたのは西ローマ帝国の最晩期、
ゲルマン民族の侵入によってギリシア・ローマの古代文化
が崩壊していく時代です。

 混乱した時代にふさわしく、アウグスティヌスは波瀾にと
んだ人生をおくりました。

  ローマ帝国領北アフリカで中産階級に生まれた彼は、カル
タゴで初等・中等教育を受け、19歳のときキケロの 『哲学の
すすめ』 を読んで哲学(愛智の道)に目覚めます。

  彼ははじめに母親の宗教であるキリスト教に触れますが、
聖書の素朴な文章に飽き足らず、その後の9年間、マニ教の
聴聞者として過ごします。

  マニ教は宗教と哲学が合わさったような癒しの教えによっ
て当時さかんであった宗派で、善と悪、光と闇、霊と物質の
二元論を説いていました。 


manichaeism.jpg


  以前から情欲におぼれる放蕩生活を送っていた彼は、精
神と肉体の統合という問題に悩んでいましたが、その答えが
見いだせないことからマニ教に失望し、ローマに渡ります。

  その地において、はじめアカメデイア学派の懐疑論に傾き
ますが、その後、聖書の霊的解釈に接し影響を受け、他方で
プラトン学派に出会い心惹かれていくことになります。

  マニ教の二元論的な考えに疑いをもっていた彼は、とくに
「悪」 を 「善の欠如」 とみなすプロティノスの考えに賛同し、
その教えを研究していくことになりました。 

  新プラトン主義に出合ったことで享楽的な生活から足を洗
った彼は、その後の神秘体験をへて真理の存在を確信する
に至りキリスト教に回心、32 歳で修道院に入ります。


  アウグ~1.JPG


  彼が新プラトン主義から学んだものは、人間の精神をこえ
た超越的なものが実在するという考え方。 つまり、真なるもの
はこの人生の外に存在するということ。

  そして、すべての物事が神に由来するということでした。

  彼は、新プラトン主義を独自に解釈しなおし、自らの神学
を組み立てていきますが、それは哲学と宗教の融合であり、
ヘレニズムとヘブライズムの融合だともいえます。

  はじめは飽き足らなかった聖書ついて、文言の奥に神の
言そのものを見出す 「解釈学的」 な手法をとることによって
思想が深まったとされます。

  当時は、ゾロアスター教に始まる善と悪の二元論が横行し
ていた時代ですが、グノーシス主義もマニ教も二元論をとり、
この世界を 「悪」 であるとしました。

  アウグスティヌスもこれらの影響を受け、地上の国と神の
国は別の原理が支配しているとしましたが、善と悪の対立で
はなく、善の欠如としました。

  こうすることでオリエント渡来の善悪二元論の過激さが弱
められ、アウグスティヌスの思想はカトリックの受け入れ得る
ものとなります。

  彼は、人間を非常に非力で微小な存在にすぎないと言い
ます。 ゆえに、人間は神の恩寵なしには善をなしえない。

  神以外のものをそれ自身として愛することは倒錯的な愛
に溺れることである。 しかし、弱い人間は神への愛のみにと
どまることができない。 そこでキリストの助けが必要となる。

  彼の思想の基底となっているのは、宇宙の中の微小な存
在にすぎない人間存在への、存在の源泉である神によって
与えられる特別なめぐみへの感謝と賛美の念、だと言えます。


《 終 末 論 》

  アウグスティヌスの思想のもうひとつの特徴は、神の国と
地上の国とのたたかいの帰結として 「終末論」 打ち立てた
ことです。


imgb0bbc574zik6zj.jpg


  それまでのギリシア思想には終末論という発想はなく、彼
が歴史は直線的に終末へ向かうとしたことによって、歴史は
初めてそれ自身目的と意味を持つものとなりました。

  これ以降、哲学と歴史が結びつくようになり、この発想は
やがて近代の 「歴史は進歩という意味を持つ(進歩史観)」
という思想に大きな影響を与えています。

  彼によれば、終末において救われる者とそうでない者はあ
らかじめ神によって定められているとされますが、この意味で
アウグスティヌスは決定論者、運命論者であると言えます。

  また、彼は 「歴史とは神の国と地上の国の闘いの過程で
ある」 とも言います。

  それはやがて 「神の国は教会にあり、教会こそが救いで
ある、教会の外に救いはない」 という中世キリスト教の 「教
会絶対主義」 的な主張へと発展いき、のちの王権との権力
争いにおいて教会のよりどころとなっていきます。


wedding_bild_1_r3_c2.png


  ユダヤの地方宗教にすぎなかったキリスト教は、ギリシア
哲学の成果を取り入れることによって普遍的な宗教、世界宗
教になりえたと言えます。

  そのための努力はパウロに始まり初期キリスト教の教父た
ちの仕事を経て、アウグスティヌスにより1つの典型が示され、
哲学にも引けを取らない体系をそなえる(理神化)に至りました。 

  彼によってキリスト教の理神化が進みましたが、その一方
で彼は 「神の啓示」 を非常に重んじていたと言われ、当時横
行していた神秘主義の影響も大きく受けています。

 というか、ヨーロッパにおける神秘主義の伝統は根強く、18
世紀、ニュートンの頃までつづきます。

  アウグスティヌスはカトリック教会において 「最大の教父」
と呼ばれ重視されているのをはじめ、トマス・アクィナス、カル
ヴァン、ショーペンハウアー、ニーチェに至るまで、後世に大き
な影響を与えています。


St_Augustine-600x450.jpg



【 トマス・アクィナス 】

  アウグスティヌスとともに、もう1人の神学の完成者と評価
されるトマス・アクィナスは、中世の秩序が完成した13 世紀に
生きたイタリア・ドミニコ会の修道士です (1225~1274)。

 トマス・アクィナスの思想は 「スコラ哲学」 の系譜に含まれ
ます。 スコラ哲学とはつまり学問的な神学を意味し、9 世紀に
始まり、トマス・アクィナスの時代に全盛期を迎えました。


BH62-4~1.JPG
22040005979.jpg


  今日 「スコラ的」 といえば形式的で理屈っぽい無意味な議
論、とういように否定的に使われますが、もともとは 「学校」 と
いう意味でした。

  その後 「学校で研究される神学」 という意味に転じますが、
その言葉どおり、この時代になると神学の研究・教育機関が
整備され、教義も啓示よりも言葉が重視されるようになります。

  この時代には、十字軍の結果としてイスラム圏から古代ギ
リシアの知的遺産がアリストテレスの体系というカタチで逆輸
入され、それがスコラ神学の基礎として採用されました。
 
  トマス・アクィナスの功績の1つは、信(信仰・啓示)と知(理
性・哲学)を明確に区別し、両者の意義と関係を示したことに
あります。

信仰とは、神の啓示によるものであり、哲学とは、神の恩寵
が存在するということを言葉によって合理的に証明することで
あるとされます。

  ここでトマスは、信仰によるだけではなく、理性(哲学)によっ
ても真理に近づくことはできると考え、それを実践していくこと
になります。


dante_alighieri-01.jpg


哲学というのは、古代ギリシアの頃から言葉による 「神の存
在証明」 という面をもっていましたが、トマス以降、神学は言葉
による定義が重んじられ、「神とこの世界の関係を言葉によって
説明する体系」 というその性格が強くなっていきます。


古代以来、ヨーロッパにはプラトン主義とアリストテレス主義
という2つの知的潮流が脈々と流れつづけています。

  それは、この世界を超えた超越的な世界へロゴスによって
上昇していくプラトン的な方向と、この世界にとどまって世界の
多様なあり方を言葉によって説明していくアリストテレス的な方
向の2つ。

  アウグスティヌスはプラトン思想の枠組みで神と真理の問題
を説明し、トマス・アクィナスはアリストテレスの思想に依りました。

  こうして、中世の神学はギリシア哲学の2つの流れを自らの
うちに取り込んだことになり、当然ですが、これは非常に重要な
ことです。


sp-thought2-0104-01.jpg


  トマスの神学が広く受け入れられた1つの理由として、彼が
より所としたアリストテレスの階層的な世界観が中世の世の中
にマッチしたということがあります。

  アリストテレスは、存在するモノゴトを次のように階層的に説
明しました。

  上から  神 (不動の動者、純粋形相) ⇒ 人間 ⇒ 動物 ⇒
植物 ⇒ 無生物 ⇒ 質料

(※) 「不動の動者」 とは、自然界にみられるあらゆる運動に
原初の一押しを与えた存在。


thomas.gif


  トマス の考えでは、人間の上に天使がおかれています。

中世の神学では、このように階層秩序が肯定されましたが、
これに対して、ここから数百年後、日本の江戸幕府が鎖国政策
をとった主な理由は、封建的身分秩序を否定する思想であるキ
リスト教が流入するのを防ぐためでした。

  この対比から、次の2つが読み取れるように思います。

  たとえ神に関する学問であっても時代ごとの社会経済構造
のあり方に左右されるということ。

  そして、江戸時代において日本の社会がヨーロッパよりも数
百年遅れていたこと。


news4vip_1386068344_3302-600x345.jpg


 ・・・・・・ 以上のように、神学・哲学において言葉が重視され、
その傾向は、このあとさらに強まっていきます。

  そしてついには、中世最大の論争といわれる 「普遍論争」 が
くり広げられるのですが、そのお話は次回にさせていただきます。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

もっともわかりやすい西洋哲学史 ⑤. 古代末期~中世の哲学 (上) [哲学・思想]

  それではつづきです。

  ⑤ と ⑥ では、アリストテレス没 ~ デカルト登場までの
1900 年間を扱います。

  西洋哲学史の中で、この期間、つまり古代末期と中世に
おいては、それほど思想的な進歩はみられませんでした。

  よって、この期間は間奏曲であると言ってもよく、アリスト
テレスによって完成した古代哲学が、この期間どのように維
持され近代へと受け継がれていったのかという話になります。

  はじめに、この期間の歴史を確認しておきましょう。

  アリストテレスと同時代のアレクサンドロスによる東方遠
征によってアジア各地にギリシア文化が移植され、ヘレニズ
ム文化が生まれます。

  古代オリエントとギリシアの文化が融合することにより東
方で新しい思想が誕生し、それはやがてキリスト教に大き
な影響を与えることになります。

  紀元30年頃、キリスト教が成立。 ローマ帝国は始めキリ
スト教を禁止しましたが、やがて方針を転換し、325年 キリ
スト教はローマ帝国の国教になります。

  その後395年、ローマ帝国が東西に分裂。 この前後から、
帝国にゲルマン民族の侵入が始まります。


byz_map395.gif


  ゲルマンによって帝国は蹂躙され、476年、ついに西ロ
ーマ帝国が滅亡。

  これ以降、ルネサンスに至るまでの1000年間、ヨーロッ
パは長い長い 「暗黒時代」 を迎えることになります。


  一方、ギリシア・ポリスの衰退後、プラトン-アリストテレ
スなど古代ギリシアの知的遺産は、プトレマイオス朝エジ
プト、アレクサンドリアの図書館に保存されました。

  この図書館は、世界中の文献を収集する目的で紀元前
300年頃プトレマイオス1世によって設立されたもので、文
学・地理学・数学・天文学・医学など、あらゆる分野の書物
が集められました。

  学問センターとしても機能したこの図書館には、 エウク
レイデス(ユークリッド)、プトレマイオス、アルキメデスをは
じめ各地から著名な学者が集まり、ヘレニズム文化におけ
る学術研究センターとして大きな役割を果たしました。

  ここにおける学術的な成果は、後の近代科学の誕生にも
大きく貢献することになります。

  その後、エジプトがイスラム勢力に征服されたことにより、
それ以降、古代ギリシアの知的遺産はイスラム勢力圏の中
で保存されていました。

  12世紀、十字軍によってヨーロッパがイスラム世界と接触
したことによって、イスラム圏内で保存されていたギリシアの
学問がヨーロッパに逆輸入されます。

  それによって刺激を受けたヨーロッパでは大学が設立され
るようになり、ルネサンスへと向かっていきます。


   ヨーロッパの地において中世をとおして古代以来の知的
伝統を受け継ぎ維持してきたのはキリスト教、特に修道院
でした。

  非常に長い期間にわたって古代の遺産を維持することが
できたのは、プラトン-アリストテレスの絶対的なものを追求
する思想が、そのまま 「神の存在証明」 として流用できたと
いうのが1つの理由になっています。


20121231112825470.jpg


  それでは、元に戻って説明していきます。

【 エピクロスとストア 】

  アリストテレス亡き後、歴史はヘレニズムからローマ帝国の
時代となりますが、この頃の4大哲学として、エピクロス派、ス
トア派、アカメデイア学派(プラトン派)、逍遙学派(アリストテレ
ス派)があります。

  このうちエピクロスとストアの思想においては、特徴として
個人の生き方に目が向けられました。

  エピクロス(BC342~271)は、「快楽主義」 を唱えたヘレニ
ズム期の哲学者です。


快楽主~1.JPG


  その哲学の主題は、いかにして個人の心を乱すさまざまな
原因を取り除きうるか、ということでした。

  世界観においてはデモクリトスの原子論を受け継いでおり、
エピクロスによれば、死とは、魂をつくっている原子がただ離
散するだけであり、なんら悪いことでも恐れることでもないとさ
れます。

 また、神というのは最も小さい原子である。 よって、神はこの
世の事柄と無関係であるとされました。

  彼は、私たちの心を乱すさまざまな考えは 「臆見(ドクサ)」
なのであり、それらの誤った考えに対して事の正しい真相を伝
えることにより私たちの心に平安をもたらそうとしました。
 
  また、「死は我われにとって無関係でである。 なぜなら、我
われが現存するときは死は現存せず、死が現存するときは我
われは現存しないからである」 とも言います。

  このように言うエピクロスは 「快楽の哲学者」 といわれます。

  彼は、私たちの心を死や神という恐怖から解放し魂に平安
をもたらそうとしましたが、それは 「隠遁者風の快楽」 であり、
現実否定でもありました。

 エピクロスのいう心の平安な状態を 「アタラクシア」 といいます。


さて、一方のストア派ですが、こちらはヘレニズム期からロー
マ帝政期に至るまで長い歴史をもち、ローマ帝国の一般的道徳
となった哲学です。

  ストア派は前3世紀はじめ、キティオンのゼノンによって始ま
った学派。

ゼノンはエピクロス派とは異なり、アテナイのアゴラ(中央広場)
を見晴らす柱廊(ストア・ポイキレ)において教授したことによりこ
う呼ばれています。


5%20stoa1.jpg


  ストア派では倫理学を重んじられ、その禁欲的な考え方は
ストイックの語源でもあります。

  彼らにとって哲学とは、単に信念や倫理的な観念ではなく、
持続的な実践と鍛錬をともなう 「生き方」 を意味しています。

   目指すべき 「生き方」 は、「理性に従って生きること」 であ
るとされましたが、 彼らによれば 「理性」 とは 「自然の摂理
(ロゴス)を理解すること」 を意味していました。

  理性に従うことによって 「情動」 から解放され(=苦痛から逃
れ)、アパテイア(心の平安)の境地に至ることが目標であるとさ
れ、このあたりにエピクロスとの共通性がみられます。

  また、ストア派は人間と自然を同視し、すべての人間は同じ
で平等であるという世界市民主義(コスモポリタニズム)の発想
を持ち、人間の兄弟愛と全人類の本性的平等を称揚しました。

  ストア派の哲学は、主にローマ帝国の支配階級に信奉され
ましたが、彼らは基本的に戦士であり、このような禁欲を重ん
じる態度は、鎌倉時代以降の日本の武士階級のあいだで禅宗
が信奉されたのと似たところがあるのではないでしょうか。

  ストア派の世界市民主義はローマ市民権やローマ帝国の領
域拡大に対応していたという限界があり、平等思想についても、
当時が奴隷制であったことを考えると、今日における平等思想
とは根本的に異なっている点には注意が必要です。



【 グノーシス主義 と 新プラトン主義 】

  エピクロス派とストア派の世界観はソクラテス以前のイオニ
ア自然学の考え方とよく似ており、合理主義的なものでした。

  一方、ローマ帝国が全盛期の光を失っていった紀元1世紀
~2世紀のストア派後期の頃、東方からグノーシス主義と呼ば
れる神秘主義思想が伝わってきます。

  この時期に帝国内で急速広がりつつあったにキリスト教は、
新しく入ってきたグノーシス主義に大きな影響を受けることに
なりました。

  初期キリスト教最大の異端として知られるグノーシス主義
ですが、キリスト教の教理はグノーシスとの闘争のうちに作ら
れたといっても過言ではありません。


Hermes.jpg


  グノーシス主義の思想は善悪二元論に基づくもので、矛盾
や悲惨がはびこるこの世界を 「悪」 と規定し、そこから逃れる
ため霊的な存在として神との合一を目指すという神秘的なもの。

  その起源は古く、これよりも数百年前、古代オリエントのさま
ざまな宗教とギリシア哲学が融合することで生まれた思想だと
言われています。


 microcosmos.jpg


  これら グノーシス主義やキリスト教のような神秘的なものを、
ギリシア哲学の用語とロゴスという方法によって合理化しようと
したのが新プラトン主義です。

 エジプトのプロティノス(204~269)によって始められた新プ
ラトン主義は、いわば最後のギリシア哲学であると言えます。

 プロティノスは、この世界に根拠を与えている神的な存在を
「一者」 と呼びますが、これはプラトンの 「善のイデア」 を発展
させたもの。

  万物は 「一者」 から泉が湧き出るように絶えず 「流出」 して
いるとされます。

  万物は 「一者」 から出て 「一者」 へ帰ろうとしますが、「善
のイデア」 と同じく私たちはそこに到達することはできず、近づ
きうるのみであるとされます。

 直接に接触することはできませんが、「ヌース(理性・叡智)」
をとおして私たちの魂と 「一者」 はつながることができるとされ
ます。


  zu.gif


  ヌースは、ギリシア哲学におけるロゴス、キリスト教における
精霊と同じような存在であると考えることができます。

  この 「私たちの魂-ヌース-一者」 という考え方は、キリスト
教の三位一体論の成立に大きな影響を与えたとされています。

  このように、ロゴス的な説明がなされる新プラトン主義ですが、
この哲学もまた強烈な現実否定に貫かれており、目指したのは
自己を脱して(エクスタシス) 「一者」 と合一することでした。


     20131024.jpg


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

2014年1月15日 海上自衛隊艦 と 民間の釣り船 が衝突転覆 2人が意識不明の重体 [事故]

 【ニュース動画も】 防衛省によると、15日午前8時頃、瀬戸
内海の広島県大竹市の阿多田島の沖合で、海上自衛隊の輸
送艦 「おおすみ」 と釣り船が衝突し、釣り船が転覆したという。

  船に乗っていた4人全員が海に投げ出され、その後4人と
も救助されたが、船長と客1人の計2人が心肺停止の状態だ
ということ。

  現在、海上保安本部などが当時の状況を調べている一方
で、小野寺防衛大臣はただちに事故対策本部を設置した。


ce04e039.jpg


 現場に近い広島県大竹市の阿多田島漁業協同組合の担
当者は 「始業時間の午前8時前、ふだん霧が濃い時にしか
聞くことがない大きな汽笛の音が2回聞こえたので、『こんな
に晴れているのにおかしいな』 と思い、海を見てみると大きな
自衛艦が見えた。

  そして、その自衛艦のそばで小さな船がひっくり返っている
ように見えた。

 漁協の別の組合員が船に乗り現場近くまで様子を見に行っ
たが、船はこの漁協の所属ではなく、『転覆した船は釣り用の
プレジャーボートに見えた』 と報告してきた」 と話した。


fb341d0b-s.jpg


  輸送艦 「おおすみ」 は、定期検査を受けるため15日午前
6時半頃、広島県の海上自衛隊呉基地を出港し、東に直線
距離でおよそ130キロほど離れた岡山県にある民間の造船
所に向かっていたということ。

  呉基地のある呉港は島に囲まれているため、「おおすみ」
は出港するとまず港を北上。

  そして、港の西にある江田島と能美島をう回する形で南に
進み、その後東に進路を変え、瀬戸内海を岡山県に向けて
進む予定だったという。

  事故があったのは能美島をう回して南に進む途中で、場所
は、能美島の西にある阿多田島から東に約1キロのところで
あった。

  事故の当時、現場周辺は快晴で、風は弱かったということ。


13895335270001.jpg


  過去に海上自衛隊の艦艇が民間の船舶と衝突したケース
として、昭和63年7月、潜水艦 「なだしお」 が神奈川県の横
須賀沖で遊漁船と衝突し30人が死亡した事故がある。

  また平成20年2月には、イージス艦 「あたご」 が房総半島
の沖合で漁船と衝突し、漁船に乗り組んでいた親子2人が死
亡した事故がある。

  現在、海上保安部の巡視艇が出動し、おおすみの左舷中央
部に衝突の跡を確認したという。

  今後のポイントとして、海上を航行する船どうしが接近した際
は双方に回避する義務があり、今回の場合2隻がどのような位
置関係にあったかという点。 

  また、双方の船の 「見張り」 が十分であったのかという点が
あるようだ。

  海上自衛隊の 「おおすみ」 は平成8年に進水した大型の輸
送艦で、基準排水量が8900トン、全長はおよそ180メートル。

 広島県の呉に司令部がある 「第一輸送隊」 に所属し、中に
揚陸艇や陸上自衛隊の戦車を格納できる機能がある。

  平成16年には、自衛隊のイラク派遣部隊の車両や装備の
輸送に当たったほか、去年、台風で大きな被害を受けたフィリピ
ンの被災地に支援物資などを輸送する任務などにあたった。


43186271.jpg





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

もっともわかりやすい西洋哲学史 ④. アリストテレス [哲学・思想]

【 アリストテレス 】

  ここで、西洋哲学史の全体像を大まかにつかんでおき
ましょう。

  ポイントとなる人物を挙げると、

  タレス、ピュタゴラス、ギリシアの3人(ソクラテス-プラト
ン-アリストテレス)。

  アリストテレスによって古代哲学が完成。

  デカルト、カント、ヘーゲル。

  デカルトに始まった近代哲学がへーゲルによって完成。

  ニーチェ、マルクス、フッサール、フロイト。

 近代哲学と現代思想の橋渡しをした人たち。 とくにニーチ
ェは、それまでの哲学史全体に対する反動として画期的な人。

  マルクスやフロイトはあまり哲学者という感じではありませ
んが、このへんの時代になると、純粋な哲学というくくりがあ
いまいになってきます。
  ⇒ 大戦を経て、現代思想へ。

  というカンジです。 この中でもとくにポイントとなるのがプ
ラトン、デカルト、カント の3人。


  タレスに始まったイオニアの学者たちによって、この世界
を、神話ではなく、万人に通用する抽象的な言葉によって筋
道をたてて説明しようとする試みが始まりました。

  その後、アテネに現れたソクラテス-プラトン-アリストテ
レスという3人のビックネームによって哲学は最初のクライマ
ックスを迎えます。

  しかしこのあと、ヨーロッパという地域自体が荒廃してしま
ったことによって、およそ2000年近くものあいだ哲学に飛躍
的な発展は見られなくなり停滞します。

  この間、知的伝統をかろうじて受け継いできたのがキリス
ト教神学です。

  ルネサンスを経た17世紀、科学という原動力を得たヨー
ロッパはようやく 「近代」 という新しい時代に進み始めます
が、哲学の上でそれを象徴しているのがデカルトです。

  通常、デカルト以降の哲学を 「近代哲学」 と呼びます。

  やがて18世紀、近代という時代が軌道に乗って発展を続
ける中、神などを排除した合理的精神で、ニュートンまでの
科学的成果を踏まえた上で世界と人間のかかわりを説明し
たのがカントです。   

  カントの思想は現在でも大きな意味をもっています。

  その後19世紀にヘーゲルが現れ、その巨大な建物(ヘー
ゲルの哲学体系)によって近代哲学は完成したと言われて
います。

  ヘーゲルはその学派(ヘーゲル学派)が形成させることに
よって後世にも大きな影響を与えました。 ヘーゲル左派には
マルクスがいます。


 それではアリストテレスの話です。    

  アリストテレス(BC384~322) はプラトン(BC427~347)
の弟子の1人でアカメデイア(BC384 創設)で学んだ学徒
でした。

  この2人はともに巨大な学者ですが、タイプが異なります。

  プラトン-アリストテレス = 理想にあこがれる人-世界を
整理する人、天才-秀才、アイルトン・セナ-アラン・プロスト
(例えが古くて申し訳ない) といったところでしょう。

  思想については、この世界を、この世界を超えたものによ
って、また言葉を超えたものによって説明しようとしたプラトン。

  それに対して、あくまでこの世界の範囲内で、そしてすべ
てを言葉によって説明しようとしたアリストテレス。

  2人は連続した世代ではありますが、時代背景も異なって
います。

  プラトンの頃はいまだギリシア黄金時代の余韻が残ってい
た時代ですが、アリストテレスの頃になると、アテネを中心と
したギリシア・ポリス共同体は世界史の主役から退き、時代
はアレクサンドロスを経てヘレニズムという新しい段階に入り
はじめていました。

  アリストテレスが若かりし日のアレクサンドロス(マケドニア
の王子)の家庭教師を務めていたのは有名な話で、学園リュ
ケイオンもアレクサンドロスの援助によって創設されています。


Map_of_Macedonia_and_neighboring_countries.gif

o0800043311586488302.jpg


《 アリストテレスの思想と著作 》

  アリストテレスは彼以前の哲学をすべて検討し、それらをま
とめ上げ、その上に彼自身の思想を展開しています。

  彼はありとあらゆるものに興味を持った博物学的な学者で、
その哲学は世界のモノゴトを広い範囲でカバーした巨大な体系
を誇っています。

  以下がアリストテレスの著作です。

(形而上学) : 『形而上学』

(論理学 = オルガノン) : 『カテゴリー論』 『命題論』 『分析論前書』
『分析論後書』 『トピカ』 『詭弁論駁論』

(自然学) : 『自然学』 『天体論』 『生成消滅論』 『気象論』 『霊魂論』
『自然論学小論集』 ・ 感覚と感覚されるものについて ・ 記憶と想起
について ・ 睡眠と覚醒について ・ 夢について ・ 夢占いについて
・ 長寿と短命について ・ 青年と老年について ・ 生と死について
・ 呼吸について
『動物誌』 『動物部分論』 『動物運動論』 『動物進行論』 『動物発生論』

(実践哲学) : 『ニコマコス倫理学』 『大道徳学』 『エウデモス倫理学』
『徳と悪徳について』 『政治学』 『アテナイ人の国制』 『弁論術』 『詩学』


 a0163227_1059559.jpg


  ちなみに、プラトンにも 『ソクラテスの弁明』 『饗宴』 『国
家』 『政治家』 『法律』 『第七書簡』 など27冊の著作があっ
て、すべて対話編のカタチをとっています。

 上に記したもの以外の著作は 『クリトン』 『カルミデス』
『ピレボス』 などのように人の名前が題名になっているの
で省略します。


《 形相 と 質料 》

  プラトンのイデア論にあたるものが、アリストテレスの 「形
相(エイドス) と 質料(ヒューレー)」 という考え方になります。

  たとえば青銅の人物像があるとします。 この場合、人の
カタチが 「形相」 で、材料としての青銅が 「質料」 にあたり
ます。

  家の場合であれば、木材や石材が 「質料」 で、家のカタ
チや構造、機能などが 「形相」。

  つまり、「形相」 とはカタチや意味であり、「質料」 とは素
材や材料、まだ限定をうけていないもの、カタチと結びつく
ことで何ものかになるもの、を表します。

  ただ、これをもっと厳密に言うと、青銅も青銅であってカ
タチをもつモノである以上「形相」であるとも考えられます。

  よって、「質料」 というものを突き詰めて考えると、それこ
そ 「何ものでもないもの」 というコトになります。 そして、こ
れは 「第一質料」 とよばれます。

  ここで、形相はプラトンのイデアを受け継いだ概念で、一
方の質料はイオニア自然学のアルケーを受け継いだ概念
であることに留意しておきましょう。

  形相も質料もそれ自体は変化しません、変化するのはこ
の2つの結合のしかただけ。

  また、質料と形相について次のような説明もなされます。

  質料は、形相と結びつくことによって現実のモノとなる可
能性を秘めたものである(=可能態 デュナミス)。

  そして、例えば木材が家のカタチと結びついて現実の家
なったのもが(=現実態 エネルゲイア)である。

  つまり、質料と形相の結びつきは可能的な存在が現実
の存在へと生成変化することである。


  ・・・・・・ このように、変化しないもの同士の結びつき方
の違いによって、この世界の千変万化が成り立っているワ
ケですが、これが、「存在と変化」 というパルメニデス以来
の難問に対してアリストテレスが示した答えになっています。  



  arisutoteresu2.gif


《 4つの原因 》

  さて、アリストテレスによれば、この世界の物事には4つの
原因があるといいます。

 ①. 物事の実体であり、それが何であるか (形相因・本質)
 ②. ものの質料であり、基体 (質料因)
 ③. 物事の運動のはじまりの起因 (始動因)
 ④. ③とは反対の極にある原因で、物事の生成や運動が
めざすところ (目的因)

  この方法は、それまでの哲学者たちの主張をすべて取りこ
もうとした現われだといわれており、イオニア自然学の水や空
気といったアルケーは ② であり、プラトンのイデアは① にあ
たります。
 
  ① の中の 「実体(ウーシア)」 という言葉はとても重要で、
これから先の哲学史に度々でてきます。

  実体というのはつまり、「モノゴトの突き詰めた姿・あり方」
「真にあるもの、本質」 といった意味です。 そして、実体を
研究する学が形而上学だとされます。

  アリストテレスは、それまでの哲学者がさまざま言ってきた
コトをすべて言葉によって置き換え、定義し、それらをすべて
一定の体系の中にあてはめます。

  そうして、コレ以降の哲学はアリストテレスの言葉と体系を
基にして議論されていくことになり、また、その考え方は、この
あと約2千年ものあいだ、世の中の常識として受けつがれてい
くことになるのです。


  アリストテレスは、「ある」 とはどういうことかを考えますが、
その際、「~ がある」 と 「~ である」 とに分け、まず後者を
考えます。

  「人間とは(  )である」 「家とは(  )である」 という場合
の(  )にあたる部分、つまり述語にあたる部分を範疇(カテ
ゴリー)として10 個に分類します。 

 (1). その主語が何であるか (実体・本質)
 (2). それがどのようにあるか (性質)
 (3). それがどれだけあるか (量)
 (4). それが他の何かに対してどうあるか (関係)
 (5). それのすること (能動)
 (6). それのされること (受動)
 (7). それがどこにあるか (場所)
 (8). それがいつあるか (時間)
 (9). それがどんな状況にあるか (状態)
(10). それが何をもってあれうか (状態)

  モノゴトはこれらの範疇の種類の分だけイロイロに変化し
ます。

  しかし、そうであっても主語にとって決して変化しない部分
があり、その決して変化しないものこそがそのものの 「実体」
であるということです。
 


gifAristotrinity.gif


《 アリストテレスの生命観と社会観 》

  当時の常識では、生命をもつものの中にあってコレを動
かしているものは 「霊魂(プシュケー)」 であると考えられて
いました。

  その霊魂(プシュケー)については、人によってさまざまな
説明がなされていたのですが、アリストテレスは次のように
説明しました。

  まず、霊魂は場所をもっているものではないとされます。

  また、霊魂はエクトプラズムのようなものではなく、生物
の目的(形相)であるとされます。

  魂は 「生命を可能態としてもっている自然物体の形相と
してあるものである」 「たとえば、もし眼が生物であったなら
ば、視るコトが眼の魂であっただろう」

  ということです。 そして、動物と人間の違いについて、動物
も人間も外界のモノゴトを感覚として受け取るが、外界から受
け取るものは質料と形相が結びついたものである。

  人間の場合、1度受け取ったその感覚をもう1度思い浮か
べて思惟の対象とするときに、それを、質料を離れた純粋な
形相として思い浮かべることができる。

  つまり、人間だけがモノゴトを純粋な形相の相(=抽象的
なレベル)において捉えることができる、ということです。

  ちなみに、アリストテレスにとっては人間と自然は本質的
に区別されるものではなく、自然とは 「それ自身のうちに
運動や正史の原理を含んでいるもの」

  つまり、自然は人間の手を借りずに生成変化し、それ自身
のうちに形相を含んでいるもの、となります。

  このへんになると結構マニアックな感じになってきますが、
大切なことが1つあります。

  それは、アリストテレスの世界観というのは非常に「動的な」
世界観であるということ、あらゆるものが生成変化する生きた
世界観だということです。

  この世界観は 「物活論的世界観」 と呼ばれ、のちのデカル
ト的な 「機械論的世界観」 と対比されることになります。



  tenndousetu1.gif


  最後に、アリストテレスの社会観について。

  「人間はポリス的な動物である」 と言われます。 ポリスは
politics 政治の語源であるので、これは 「人間は政治的な動
物である」 と言い換えてもいいでしょう。

  人間は個人としてあるのではなく、ポリス(=政治的共同
体)の中にあってはじめて人間になることができるということ。

  彼は 「本性上、国や家は個人よりも先にある、なぜなら、
全体は部分よりも先にあるのが必然だからである」 と言い、

  さらには 「共同することができないものか、あるいは自足し
ていて共同を少しも必要としないものは、野獣であるか、さも
なくば神である」 とまで言っています。

  これは、まず個人としての 「主体的人間」 が先にある近
代的な思考とはまさに正反対の考え方です。

  これは、彼を含んで当時の考え方が階層的秩序を重んじ
る社会であったことにも関係があります。

 ただ、始めに言ったとおり、彼の時代にはギリシア・ポリス
は没落の段階に入っていました。

  よって、彼の言っていることは 「古きよきいにしえの時代
へのあこがれ」 という面もあったようです。

  また、アリストテレスの社会観はプラトンほど過激なもので
はなく、当時としては常識的なものでした。

  それは、彼の重んじる徳が 「中庸の」 徳であったことにも
表れています。

  前323年、アレクサンドロスは東方遠征の途上で亡くなり、
翌年、アリストテレスもその後を追います。

  そして、彼の死によって、栄光の古代哲学もその幕を閉じ
ることになったのです。


  215e8b11.jpg


 ⑤. 古代末期の哲学
http://perfect-news.blog.so-net.ne.jp/2014-01-18

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

日本語ってこういうところがあると思うんだよ、そう思わない? [エッセイ]

  日本語について、いくつかお話をさせていただきます。

《 あからさまは はしたない 》

  日本人は、あからさまな表現を嫌います。 物事をハッキ
リと指摘したりするのは下品なことなのです。

  ハッキリ指摘するのを避けるだけでなく、言うべきコトを
ことさらにボカシたり、ときには否定することさえあります。

 ①. 「主人は、会社のほうへ行っております」

 ②. 「今日のところはカンベンしてくれ」

 ③. 「『あまちゃん』 じゃないけどさぁ、あの子ホントになま
ってるよね」

  ①. ② については、「ほう」 とか 「ところ」 は本来必要あり
ません。 ③ では、話題にだしている対象をあえて否定まで
しています。

  じつは、若者コトバの中にも婉曲的な表現が多く見受け
られます。

 ④. 「きゃりーぱみゅぱみゅってサイコー、みたいな」

 ⑤. 「オレ的にはそう思うよ」

 ⑥. 「あいつがあそこに行ったのは、義務感からだよ」
    「っていうか、ただの好奇心だと思うよ」

④ は自分の主張や意見をぼかすため ⑤ は主語をぼか
すため、そして ⑥ の 「っていうか」 は、相手の言うことをハ
ッキリ否定するのを避けています。

  新しい世代の新しい表現でありながら、しっかりと日本的
伝統を受け継いでいるということですね。


 えんぴ~1.PNG


  このような傾向は、おそらく日本人が島国の単一民族で
あることからきています。

  欧米のように多様な民族が入り乱れている土地柄ではな
く、日本というところは、右を向いても左を向いても目に入る
のは自分と同じ血と肉でできている同胞ばかり。

  基本的にはみんな同じ感覚をもって生きている、互いに
分かり合えるという信頼感があります。   

そのため、多くをかたる必要はないのです。 ちょっと言え
ば、あとは分かってくれる。全部言うのはクドイ、時間のムダ。

  「すべて言わないでもわかりますよね? あとのところは察
してください」 ということです。

聞く方からすれば、いちいち全部説明されると、「オレを
信頼していないのか?」 ということにもなります。


日本人はハッキリモノを言わない、そこが短所だ。

  欧米的な価値観からこのように言われてしまうことがあ
りますが、そうではない、ということです。

  これは、日本人がおかれている環境によって長い時間か
けて形作られた、日本人の美徳、美意識だということです。

  欧米の場合日本とは全く違って、自分はアングロサクソ
ン、左隣はチャイニーズ、右隣はイスラム系、お向かいは
スパニッシュということが、実際はないとしても可能性とし
てはありうる土地柄。

職場にあっても、背景の異なる人たちが集まっています。

  そういう場合、モノをハッキリ言わなければお互いにコミ
ュニケーションできません。

  これはまた、次のコトにもあてはまります。

  アメリカ人は、周りの人に気さくに 「ハーイ、ハロー」 と
笑顔で挨拶をします。

  コレに対して、こういうフレンドリーなところを日本人も
見習うべきだ。 と言われたりします。

  しかし、これも向こうの環境からなった結果です。

  彼らは周囲を異質な人たちに囲まれています。 周囲
の人は何を考えているのかわからない。 だから怖い。

  そのため、こちらから積極的にフレンドリーな姿勢を見
せて、「あなたに対して敵意はありません。 仲良くしましょ
う」 とアピールする必要があるということ。

  以前アメリカで、日本人の留学生の少女が、ハロウィン
の一環として近所の家を訪問したところ、いきなり撃ち殺
されてしまった、という事件がありました。

  これなども、向こうの人はそれほどに周囲の人間を恐
れているということの表れだといえるでしょう。

 ・・・・・・ しかし、別に向こうの人を批判しているワケで
はありません。

  ただ、「日本人はハッキリしないのがよくない」 などと
という単純な批判はあまりにも表面的すぎるのでやめて
ほしいということ。

  お互いにイイところも悪いところもあるわけですから。



  さてさて、地理的にいうと日本は極東であって、まさに
東方の地の果て、行きどまりにあたります。

  そのため、古来から東に向けて移動してきた多くの人や
物が最終的にたどり着く場所がジパングでした。

  悪く言えば、ゴミが流れ着く吹き溜まりのような感じでも
あります。

  そんなジパングには、昔からある特殊な能力があったよ
うです。

  西から流れこんできた異質なものたちを、その強力な同
化作用によって自分たちの色に染めてしまう。

  日本に流れ込んできた異質なものたちは、そのうち自分
たちがもともと持っていた日本とはちがった個性を主張する
ことをやめて、日本の色に染まってしまう。

  こういう傾向は、神話の時代からあったようで、古事記
の中では次のようなことが語られています。

  やおろずの神が住む地上の国を平定するために、天つ
神が何度も軍を派遣するのですが、その度に地上の人々
は派遣軍の人たちを宴会などでもてなし、懐柔する。

すると、いつの間にか派遣軍は地上の側に寝返ってそ
のまま同化してしまう。

  こういうことがくり返され、天つ神たちは頭を抱えた。


  また、このほか、日本にはユダヤ民族の一部分が確実
に流れ込んでいると言われています。

 ユダヤの人たちは2000年以上前に亡国の民となり、そ
の後ユダヤ10 支族は各地に分散したのですが、そのうち
の1 支族が日本に流れ込んで同化したようです。

  日本の神道に見られる宗教施設はユダヤ教のそれと同
じものが多く、諏訪神社では「イサクの祭り」が行われてい
ます。

  また、祇園祭=「シオン祭り」 であって、ねり歩く山車の
側面に描かれている絵はすべて旧約聖書の各場面を表す
絵であるということもあります。   

  ユダヤ人であるアインシュタインが日本を訪れた際の公
演において、「日本にこれほど多くのユダヤ証があるを知っ
って私は感動しています。 私たちとあなたたちはまさに兄
弟です」 と語っています。

  しかし、日本でのユダヤ的要素はそれほど大っぴらに目
立っているワケではなく、祇園祭にしても、日本的テイストに
塗り替えられている。

  こういうことも、日本の持つ強い同化作用の表れの1つ
ではないでしょうか。




《 「らりるれろ」 について 》

  あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと ・・・・・・

 このように、「あ」 からはじまる50音があります。 これら
1文字1文字は、そのほとんどが何か特定の名詞を表して
います。

  あ⇒×、い⇒胃、う⇒鵜、え⇒絵、お⇒尾、
か⇒蚊、き⇒木、く⇒区、け⇒毛、こ⇒子

このようにやっていくと、や行の文字まではほとんど全て
のすべての文字が1文字で何かの名詞をあらわしています。

それに対して、ら行の文字だけは、ろ⇒炉 以外は名詞を
表していません。

  つまり、何を言っているのかというと、もともと日本語には
「らりるれろ」 はなかったということです。

  おそらく 「らりるれろ」 は、相当時代が下ってから新しく日
本語に加わったのだと思われます。

  そのため、ら行の文字からはじまる単語じたい極端に少
なく、そのため、しりとりでら行の文字にあたってしまうとな
かなかでてこないワケです。


 googleJapan.jpg



《 敬語について 》

  敬語というのは、じつは、尊敬を表す言葉ではありません。

  なので、ほんらい 「敬語」 という名称は一面的です。

  では、敬語とはどういう言葉なのでしょうか?

  敬語とは、垂直の距離、水平の距離、この2種類の距離を
表すことばなのです。

  まず1つ、垂直の距離というのは 「尊敬」 をあらわしてい
ます。

  尊敬というのは、自分よりも目上の人に対して抱く感情。
つまり、上下の距離です。

  しかし、敬語にはもう1つの使い方があります。

  自分とは存在が離れた人、初対面の人、赤の他人などと
話す場合に使う場合です。

  初対面の人というのは、自分とは存在的な距離が離れて
いる人です。

  しかし、たとえばその初対面の人とその後友達になってい
って自分との距離が近くなっていけば、自然と敬語は使わな
くなっていきます。

  つまり、こちらが水平の距離。

  ですから、ほんとうは 「敬語」 は 「敬語」 ではなく、「距離
語」 とか 「離別語」 (あまりいい名称ではありませんが) と
呼んだ方がわかりやすいと思います。


 o0640048048f26_684_3f68bae4b090e81a5db32a4e7ef984ee.jpg



《 語尾を伸ばした話し方 》

  若い世代の人たちは、語尾を伸ばしながら話します。

  「きのおぉ~、がっこうでぇ~、ともだちとぉ~、はなした
んだけどぉ~」

  ・・・・・・ という感じに。

  これはどうしてなのでしょうか?

  おそらくこういうことです。

  人が何かを話すとき、やはり次に何を話すか考えなが
ら話しています。 なので、話しながら、次に話すコトを考
える時間を稼がなくてはならない。

  ということで、語尾を伸ばして時間をかせぎ、そのあい
だに次にいうコトを考えているのだと思います。

  それに対して、古い世代の人はどうしていたのか?

  むかし、大平正芳という総理大臣がいました。

  「あ~~~、う~~~、今回の、お~~~、補正予算の、
あ~~~、意味は、う~~~ ・・・・・・」

  大平首相の話し方は、「あ~」 とか 「う~」 とかいう部分
がものすごく長くて、当時よくモノマネされていたようです。

  このように昔の人は、話のあいだに 「あ~」 とか 「え~」
とか言う部分を入れて、そのあいだに次に話すコトを考え
ていたのだと思います。

  それに対して、若い世代の人は語尾を伸ばすので、
「あ~」 とか 「え~」 とか言いません。

  若い人の語尾を伸ばす話し方が、非常にみっともない
といういい方がされることもありますが、話している中で
「あ~」 「え~」 と連発する話し方もあまりスマートではあ
りません。

つまり、若い人の語尾を伸ばす話し方はたしかにスマ
ートではありませんが、人が考えながら話をする以上、あ
る程度仕方がないことだということです。


 title.png


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。